汗臭いと脇ニキビが出来やすい【対策まとめ】

脇ニキビ

また暑い日がやってきましたね。 脇汗が気になるので、自宅にいるときはできるだけ涼しい格好をしています。

しかも汗臭いと、脇ニキビが出来やすいってご存知ですか? 

これって女性にとってはかなり死活問題にもなってしまいます。脇はニキビの原因となる皮脂の分泌が少ないことで知られています。

ここでは脇ニキビのケアについて紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

脇ニキビのケアについて

脇ニキビといっても特別な菌がいるわけではなく、条件が揃って脇にできてしまっただけで顔にできるニキビと同じです。

困った悩み

基本的なケアについては共通ですので、こちらを参考にしてください。>>ニキビが急に増えた時の現実的な対処法

普通だったら皮脂腺が少ない部位はニキビは出来づらい。それが常識です。しかし毛穴が汗やアカなどで詰まれば、ニキビ菌(アクネ桿菌)が増殖します。

そもそもニキビも皮膚病の一種。炎症を引き起こす細菌は、私達の肌の上にたくさん生息しています。

いまは除菌ブームですが、本来は細菌と共存しています。体のどの部位にニキビができても不思議ではありません。

皮膚病でもニキビと同じ様な症状を発生させる粉瘤(ふんりゅう)という病気もあります。

自分で判断できない場合は、皮膚科で診察を受けましょう。粉瘤はかなり大きなイメージです。

 ここでは脇特有の原因についてみていくことにしましょう。

清潔な状態を保つ

石けん

問題は脇汗が毛穴に汚れや、古くなった角質などを付着させてしまうこと。ニキビケアで一番難しいのが、この毛穴をきれいにすることです。

特に難しいのは仕事中や外出先でのケア。さすがに脇なんて洗えませんよね。

じゃあ、帰宅したら良く洗おう!というのもちょっと待ってください。お風呂でゴシゴシと洗うのは厳禁なんです。

気になる

「なんでダメなの?」と疑問に思われるのも無理はありません。

その理由は、脇の皮膚は比較的薄く、ダメージを受けて乾燥してしまうと、別の皮膚病などのリスクも増すからです。比較的、動かす部位なので肌が柔らかく伸び縮みする分、刺激には弱いのです。

洗い過ぎは脇も臭くなる

たわしでは洗わないでくださいね。

脇汗で夏場は臭いも強くなりますが、ニキビ予防のために洗い過ぎると臭いがさらに悪化します。きれいに殺菌すれば良いような気がしますが、それが間違いの元です。

tawasi

普段、私達の肌には常在菌という細菌類が存在しています。

さきほども少し触れましたが、除菌ブームなので菌と言われるだけでも怖い気がするかもしれませんが、胃腸にもビフィズス菌など腸内細菌がいて、健康を保つ手助けをしてくれています。

お肌も全く同じで、常在菌がいることで人間に害のある細菌類が繁殖しづらくなっています。ですが、余りにもていねいに洗うと、有用な細菌まで死滅させてしまうので、洗い過ぎは良くありません。

殺菌し過ぎはよくないのです。ほどほどの絶妙なバランスで、私達の肌は守られているのです。

軽く洗う

石けんを泡立て

常在菌も減らしすぎないように、なおかつ脇の皮膚も痛めないようにするには泡の力を活用します。

泡の力は、汚れを浮かせて絡め取る機能があります。石けんを泡立てて、脇を手洗いする程度でもきれいになります。

ポイントは、体をお湯で温めてから洗うことです。冬場などは、体が冷え切っているので浴室に入ってすぐにシャワーを軽く浴びて、体を洗っても毛穴が満足に広がりません。

シャワー

そこで軽くシャワーで流して、気になるようでしたら石けんで一度洗って、湯船に浸かり体が温まって額から少し汗が出たくらいで、石けんで洗うと毛穴の中の皮脂やアカ、汚れも綺麗に洗い落とせます。

この程度であれば、皮膚の細菌類も完全に死滅させることなく、バランスを保つことができます。

もし脇ニキビで困ったらいまのように、軽く体を洗ってみてください。そして忘れてはいけないのが、お風呂から上がったら保湿を忘れないことです。

お風呂からでたらすぐに体の水分が蒸発して乾燥しますので、ニキビが気になる箇所の保湿は欠かせません。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする