SPF50やPA+++の意味って?紫外線から身を守る日焼け止め最新情報

日焼け止めの商品を探しにドラッグストアに行ってみたら、たくさんの種類があり、どのパッケージにもSPFやPA+という記号が記載されていました。

様々な商品があるので、一体どれを選べば良いのか分からず困りました。

素人考えでは、数値が大きい物の方が、日焼け止め効果が高そうだとおもうのですが、それならなぜ数値が小さい商品も売られているのだろうと疑問に思い調べたら意外な事実がわかりました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

SPFとPAと光老化

日焼け止めSPF

肌を老化させる8割の原因が、紫外線が原因の光老化は女性の敵のような存在です。

近年、オゾン層破壊が進み昔よりも紫外線の影響が高まっています。そんな紫外線には、2種類あるのをご存知でしょうか?

紫外線A波(UVA)、紫外線B波(UVB)があります。ここでは簡単にA波とB波とします。

簡単に説明すると、A波は皮膚の表面に届く紫外線。B波は、肌の奥の方まで届く紫外線。

どちらも肌に深刻なダメージを与えて、シミやしわの原因になるので、紫外線対策はかかせません。ニキビの治りかけも色素沈着のリスクがあるので予防は、しっかりしたいところ。

そこで日焼け止めに、登場するのがSPFとPA。

SPFとPAは、どんな対策ができるかや、数値の目安を簡単にまとめました。

SPF PA
B波(UVB) A波(UVA)
 皮膚の表面に届く紫外線 肌の奥の方まで届く紫外線

季節や太陽の位置、その日の大気の透明度など、様々な要素があるので選定がわかりにくいので、目安となる数値などをまとめました。

選ぶ数値の目安 SPF・PA
通勤通学(一般用) SPF10~20 PA+
数時間の屋外活動(クラブ等) SPF20~30 PA++
長時間(運動会等) SPF30~50 PA+++
海などのリゾート地 SPF50 PA++++

普通に生活するのであれば、ASP20 PA+でやASP20 PA++で十分。

関連記事
日焼け止め対策の最強アイテム

紫外線とニキビ

高い数値を選ばない方が良い!?

ビーチとマリンスポーツ

インドネシアやマレーシア、赤道に近い地域でマリンスポートなどをされる場合、紫外線は日本とは比較にならないくらい強烈です。従ってSPF50 PA++++の最強クラスを選びたいところ。

しかし運動会など、炎天下で行うスポーツは、汗をかきやすいので、最強クラスを使うよりも、こまめに日焼け止めを塗り直す方が効果的。

もちろんマリンスポートは水で、日焼け止めが落ちれば効果は無くなるので、やはりこまめに塗る必要があります。

余り数値が大きなものは、薬剤なども多いので肌に負担がかかりがち。敏感肌などで心配な方は、SPF20 PA++くらいの日焼け止めをこまめに塗るのが良いと思います。

さらに詳しく知りたい方は、下記をお読み下さい。

SPFを見る場合のポイント

B波(肌の奥の方まで届く紫外線)をどれだけカットしてくれるかの数値です。具体例で見ていくことしましょう。

SPF1というのは、20分で日焼けするダメージを防ぐ数値。これが一つの基準になります。

SPF10というのは、SPF1の10倍防いでくれるということ。つまり20分×10=200分日焼けをしても、肌へのダメージは20分、紫外線が当たった程度に軽減してくれるというもの。

SPF10   200分(3時間20分)
SPF15   300分(5時間)
SPF20   400分(6時間40分)
SPF30   600分(10時間)
SPF50 1000分(16時間40分)

SPF50だったら、紫外線を16時間40分くらい浴びたとしても、日焼け止めを付けずに20分、屋外にいたときのダメージを同じくらいというから、日焼け止めの効果がわかりますよね。

つまり屋外で3時間しかいないのに、SPF50は必要ないということです。余裕をみても、SPF20~30で十分だということがわかります。

上記の数値はあくまで理論値なので、汗などで落ちたりするので塗り直しとともに、多少の余裕はみておく必要があります。

SPFはSun Protection Factorの略。

赤道で海で泳ぐ場合は?

赤道直下は、日本と比較すると紫外線量は数倍にもなります。晴天の日は強烈な紫外線を浴びることになります。しかも海は下から反射もあるので、SPF50で予防したいところ。

PAを見る場合のポイント

PAは、A波(皮膚の表面に届く紫外線)の予防効果の目安。商品パッケージを見ても、PA+、PA++、PA+++、PA++++が販売されています。

PA+(効果がある)
PA++(かなり効果がある。)
PA+++(非常に効果がある。)
PA+++(極めて効果が高い。)

PA:Protection Grade of UVAの略

以上、SPFやPAについてお伝えしました。シミやしわの原因、そばかす、色素沈着などを防ぐために、紫外線から肌のダメージを防ぎましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする