【図解】爪の切り方でニキビ跡が残る!

爪が危険

無意識ってとても怖い。爪の切り方1つでニキビが潰れて跡が残る危険があります!

カフェで友人と会話していたら、その友人がニキビを触り始めました。

「触ると潰れるよ!」というと、
「え?触ってた?」と。

特に女性は爪が長い傾向にあるので、顔をひっかかないように。起きている間よりも寝ている時に、無意識にひっかくこともあるので要注意。

そこで爪の切り方やメンテをまとめました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

爪の切り方

まず重要なポイントは爪が柔らかいときに切るということ。無意識に触っても大丈夫なようにメンテは欠かせません。

爪の形

一番最適なのはお風呂上がり。昔は『夜は爪は切ってはいけない。』と聞いたことがありますが、それは蛍光灯などの明かりがな時代。しかも爪切りなんてない時代に、暗い室内で爪を切るのは怪我の元。でもいまは明るく照らす明かりがあるので大丈夫。

昔の明かり

爪はタンパク質の仲間であるケラチンでできていて、普段、水分量が15%前後。それくらいだと乾燥して硬化しているので傷付きにくい。でも爪を切るには硬すぎます。無理に短くしようとしたら、力が入りすぎて割れてしまうことも。

そこで風呂上がりは水分量が多く、比較的、柔らかいときに爪を切るのが一番です。もし仕事の関係で朝風呂しか入れない場合は、それでOK。爪が柔らかければ大丈夫です。

爪の切り方一例

爪が長く引っかかりニキビにあたると、つぶしてしまいます。

tume01


そこでまず先端部を詰めきりでカット。
ポイントはあまり深く切らないで、写真の様に少し残して下さい。

tume02


次に爪の肩の部分をカット。
やはり少し爪を残すようにしましょう。

tume03


反対側も同様にカット。

tume04


こんな感じに先端部が少し鋭角になっています。

tume05


先端の鋭角な部分のみカット。

tume06


後はヤスリで引っかかりがないように削ります。ヤスリは一方向に削るのですが、高級なヤスリはダイヤモンドが付いているので、その場合は方向は関係ありません。
爪は全体に、1mm程度は残すように。

tume-end


爪を切ったら、先を丸めているとは思いますが、ニキビ対策ではより慎重に傷が付きにくいように、磨いて引っかからないようにしてください。

手よりも中に切りすぎると、爪の変形などの危険や指先を怪我しやすくなるのでNG。

tume-kirisugi

要注意

爪が短くても、角が鋭利になっていればニキビを潰してしまうので、長さにかかわらずメンテナンスはしっかりしたいもの。

足の指も同様に。あまり焦らずゆっくり落ち着いて切りましょう。

爪の乾燥保護にオイル

爪の乾燥や保護には専用のキューティクルオイル(ネイルオイル)が効果的で安心。

2つの観点から利用されます。

  • 乾燥保護
  • 栄養

使う場合は顔と同じで、爪をキレイに洗ってから使って下さい。

あ、そうそう。爪保護に、オリーブオイルなどを使う人がいますが、爪は専用の化粧品のタイプですので食用の使用は厳禁です。ニキビの原因にもなるので避けましょう。

紫外線に注意

爪で作った傷は紫外線に注意。肌が傷付いたまま放置していると、紫外線でお肌が劣化してしまいます。

どれだけ注意していても、寝ている間に顔をひっかいてしまったら?
日焼け止めクリームなどで皮膚の保護をしましょう。

夏場は強い紫外線などに当たらないようにしましょう。シミや跡が残る危険も。
オイルフリーでさっぱり系の日焼け止めクリームなどで皮膚の保護は必須。

傷付いて痛んだ肌は再生中で、外からの刺激にとても敏感。皮膚がやわらかくいので、できるだけ刺激を減らすために紫外線だけではなく、触ったりして圧力を加えないように。

 爪の中を清潔に

爪の中には細菌が潜んでいるので、あまり長くしないで手洗いのときも、汚れを落とすようにていねいに。もし細菌がニキビの膿んだところに入り、悪化するとよけいにひどくなってしまうからです。

まな板のCMで除菌が叫ばれていますが、数十万~数百万もの細菌が生息しています。腫れなど思わぬ皮膚病になるリスクを減らすためにも、爪の中は清潔に保ちましょう。そのためにも、切りすぎない程度の爪を短く切りそろえましょう。

割れやすく傷付けやすい

爪が柔らかく割れやすい状態だと、角が刃のようにとがって怪我をするので、爪の保護をしっかりとしましょう。マニキュアやベースコート、トップコートなどがあるので活用も良い選択です。

もしも潰して炎症を起こしてしまったら、オロナインで殺菌する方法もありますが、皮膚科で適切に対処してもらうのが安心。ひどくなるリスクがあるので自己治療は避けたいところ。

まとめ

爪は表皮の角質が硬くなったもの。爪を切りすぎない程度に、定期的に爪を切り清潔に保つことで、ニキビをつぶしたり皮膚病を予防しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする