頭皮の『かさぶた』出来ない様に!意外な原因も明らかに!

頭皮にかさぶたが出来る様になりました。ニキビが痒くてかいてしまい、その跡がかさぶたになりました。

女性の頭皮

 「大丈夫かな。」くらいにしか思ってなかったのですが、あちこちが痒くなりはじめたので、さすがにケアしようと思いました。

そこで調べると意外な原因が明らかになってきました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

キレイにするハズのシャンプーも原因

フケやベトベト、かゆみにならないように、シャンプーで念入りに洗っていました。もちろんさっぱりしたいので、洗浄力が強いシャンプーでないと頼りなさを感じてより強いものを使っていました。

ところがそれが逆効果だったのです。洗浄力の強いシャンプーは、皮脂をきらいに洗い落としてカサカサな頭皮にします。カサカサになれば乾燥してかゆみがでます。この湿疹を脂漏性皮膚炎という皮膚病に。それを防ごうと頭皮は、もっと大量の皮脂を分泌するようになります。

悪循環

これが頭皮の毛穴にたまり、ニキビを出来やすくして悪化させます。その結果、肌が傷付き『かさぶた』ができる原因だったのです!!くれぐれもシャンプーには注意してください。

補足 脂漏性皮膚炎を引き起こすのは、私達の皮膚に生息している常在菌の一種、マラセチア真菌が急激に増えるため。

ゴシゴシ洗い禁止令

でもだからといって、いきなり洗浄力の弱いシャンプーでゴシゴシ洗っても落とせません。そもそも洗い方が間違っているから、強いシャンプーが必要になったのです。

シャンプーを手にとったら、まずしっかりと泡立てます。この泡が決め手。その後、やっと髪につけます。だからあまりゴシゴシしなくても、泡で皮脂や油汚れを分解されて汚れや油分は十分に落とせます。これが理解できていませんでした。

石けんを泡立て
(ここまで泡立てなくてもいいけど・・・)

間違ってもシャンプーを直に付けて、頭で泡立てようなんてしないで下さいね。刺激や摩擦で頭皮も髪の毛も痛めてしまいます。少しぬるめのお湯で、念入りに泡を落として刺激成分が残らないように。

もう1点注意して欲しいのが潤いを追究したシャンプーは、手がべとついた感じで洗えていないと思い込み、何度も洗っているときに気が付かない間に、つめが頭皮を引っかき皮膚を痛めていたのです。その点にさえ注意すれば大丈夫。

かさぶたが気になるなら、今日からまずはゴシゴシ洗いを禁止するが先決。

適度な洗い

CMでもおなじみ、食器はしっかり洗い落としてキュッキュッとなってスッキリ。でも人間の体でそこまでは洗い過ぎ。ある程度は皮脂が残っていないと乾燥肌になってしまいます。

界面活性剤で脱脂し過ぎると、かさかさしてくるので洗いはほどほどが良いですが、そのバランス具合が難しい。そこで天然成分や保湿タイプのー専用シャンプーを使う、洗い過ぎても保湿をしてくれるから、私はかなり改善されかさぶたは治りました。

一番良いのは刺激の少ないシャンプーをしっかり泡立て、適度な洗いで『かさぶた』が出来ないように予防します。

参考 頭皮のかゆみに良いシャンプー

かさぶたは触らない

ところで、治りかけのかさぶたを剥がそうとする人がいますが、はっきりいって治るまで長引かせます。自然にめくれるまで放置した方が早く治ります。

無理すると皮膚の細胞が十分に育っていなくて弱く、そんな状態で紫外線や乾燥した空気に触れるとまた痛めてしまい、かゆみの元になりカサブタに逆戻り。

紫外線は冬も要注意

晴れた日は細胞を痛めないように、帽子を被り頭皮が日焼けしないように心がけたいものです。

太陽の光は頭皮に強い刺激を与えます。とくに春頃から秋にかけては紫外線が強く降り注ぎます。紫外線は気温とは関係ありませんので、たとえば冬場のスキー場も紫外線が雪で反射して、ダメージが大きいので注意が必要です。

かさぶた対策のまとめ

いかがでしたか? かさぶたを放置して早めに治し、次からはできないようにシャンプーなどをしっかり洗い落とし、刺激物が頭皮に残らないようにしましょう。

痛んだ頭皮は専用シャンプーでケア。泡立て適度な洗浄がなにより大切。早く治ると良いですね。酷い場合は迷わず皮膚科に直行してください。

食生活で皮脂の分泌を抑えたい方はこちらを参考に。

参考 皮脂の分泌を減らす油の上手な取り方

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする