就職活動にニキビが不利な大きな理由

第一印象

 就職活動は、第一印象がポイント。

「ニキビなんて関係ない。」という人がいますが、影響ないわけがありません。

実際にある企業の人事の方は、直接ニキビではないにしても、自己管理面で見るとのこと。ニキビが即、不採用というわけではありませんが、次のようなポイントで不利に働きます。 

面接だけではなく、入社後の接客なども顔の第一印象はとても大きな要素となります。身だしなみはもちろんですが、相手の目を見て話すので必ず顔が真っ先に視野に入ります。顔がニキビだらけだったら、かなりマイナスの印象を与えてしまいます。

ニキビで落ち込む女性

中身はもちろん重要ですが、始めての相手には最初の印象が全てです。あとからその悪いイメージを変えるには、相当な努力が必要になります。これではライバルとの差は、最初から大きくなり取り戻すのに、かなりの労力が必要になります。

成績が同等なら、面接の印象が大きな要素になるのは間違いありません。

早めのニキビケア

印象をアップするためにニキビケアはもちろんのこと、肌つやも良い方が健康的で活発み見られやすいので有利。就活メイクも駆使しましょう。

健康的な女性

自己管理も企業が求める素養の1つ。ニキビが顔に目立つ。さらにメタボ体型だったら、それだけで自己管理能力無しという烙印を押されて仕方がありません。

幸い、健康的なダイエットを行うとニキビケアにもなるので、きっちりと体調を整えて面接に臨みたいところ。参考:週末プチ断食ダイエットでニキビを撃退する、とっておきの方法

このように就職で第一印象が大切なことが理解できたと思います。ニキビは不治の病ではなく治る病気ですので、早めのケアで治しておきましょう。

就職を有利にするには?

マイナスポイントは誰にでもあります。しかし有利にする方法もあります。

まず資格、これはあまり重要ではありません。これから勤めようとする企業に密接に関連した資格であれば、面接にに質問を受けるかもしれません。

その場合は、資格取得の理由をはっきりと自分の答えで伝えれば大丈夫です。

最近は面接マニュアル本が出回り、当たり障りのない回答をする学生が増加しているので、逆効果になる場合も多くなりつつあります。

周りと同じ様な受け答えてならないためには、あなたオリジナルな意見を話す必要があります。独自視点と言い換えても良いかもしれません。これは一夜にして身につくものではありません。 

私の知人の学生の人は、アルバイトでお金を貯めて、ベトナムなど海外に何度も一人旅をしています。もちろん女性の一人旅です。

アジア

英語もその旅に上達していくのが分かります。

この女性が同じ面接を受けたら、一般の女性は勝てないと思います。話す引き出しや度胸が相当、身についているからです。

 教科書で勉強したのと違い、実際に自分の目で見て、聞いて感じたことは面接試験では最強だと思います。ですので、教科書より実体験をより多く積むのが、就職に有利に働くと思います。

ちなみにその女性、いずれ起業して自分の会社を立ち上げると思います。外見はごく普通の女子大学生ですが、内に秘めたパワーは相当でパワフルな女性です。何かのヒントになれば幸いです。

紫外線の日焼け予防 参考記事:紫外線でニキビが悪化? 気になるポイント

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告