白ニキビは潰していい? それ危険!出来る場所と原因の共通点

つぶしたら、大変なことになりました^^;

白ニキビは、ニキビの進行ステージでいえば初期の段階だと聞いていたので甘くみていたみたい。

このステージで「白色のニキビを潰した方が早く治る?」ので奨励されている人もいます。

その情報が失敗の元でした…。

でも白ニキビはつぶしても大丈夫でしょうか?リスクについて考えてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

つぶすリスク

ニキビを潰したい女性

素人が自己流で潰してしまうと、失敗のリスク(ニキビ跡が残る)がとても高くなりますね。痛いほど、それを実感しました。

毛穴に詰まった皮脂、つまり毛穴から出てくる人間の油を、皮膚が硬くなった角質というのが覆うと面倒なことになります。

下記のイラストは、毛穴がふさがれた状態を示しています。これがやばい!

角質層が肥大

どんな面倒なことかというと、ふさがれた毛穴内にニキビ菌が増殖します。ニキビって暗く空気があまりないところが好きなんです!

まさにニキビ天国。この段階が初期の白ニキビの発症。

そこでニキビのエサとなってしまった皮脂を取りだし、膿がひどくなる前に取り出そうという行為が、ニキビを潰すということ。

ところが・・・

完全に取り切れないと、そこでまた繁殖します。もう最悪!

困った女性

さらに悪化して、びっくりして取りだそうとして潰してみたら、皮膚の内部がかなりひどくなっていて手遅れ。

自己流で皮膚を傷付けているので、化膿して腫れていまいます。結果的にニキビ跡がしっかり残ってしまう

もし本気で潰して早く治したいのであれば、皮膚科に相談する正解です。ネットで広がるニキビを潰す方法は、自己流なのでやめた方が無難です。私みたいにならないでください(;_;)

白ニキビとは?

ニキビの進行プロセス

白ニキビといっても、べつに特別なニキビがあるわけではありません。初期の頃の状態を白ニキビと呼んでいるだけです。

だからニキビができる場所なら、どこにでも出来てしまいます。また白や黄色、赤、黒などが入り乱れています。

触ると悪化

自分では表面だけをみて初期だと思っても、皮膚の内部ではかなり悪化している場合があります。

  • ニキビは触らない!

これだよ

白い色から、触ったりして刺激を与えて炎症を起こします。そうすると悪化して赤く腫れて赤ニキビと呼ばれる状態になります。

極力、手で触ったりしないようにしてくださいね。だからつぶすなんて、とても危険です!

また顔中に一度にパッとできるわけではなく、あちこちバラバラに毛穴からニキビが発生します。

今日できたもの、明日で来たもの、1週間後にできたニキビによって、それぞれ進行速度が異なります。これがやっかいです。

見つけたらすぐにケアすれば、ひどくならずにすみます。放置や先送りして、悪化させないようにしましょう。

とくに女性の方は注意して欲しいことがあります。それは・・・

  • メイクしたまま寝ない

お仕事や家事で疲れて、メイクをしたままばったり寝てしまうこともあると思います。でも、それだけは避けたいです。なんとか落としてから寝るようにしてくださいね。

落とさないままだと、白ニキビができる原因になります。

白ニキビができる原因

初期のニキビは、肌の不潔が一番の原因です。

不潔といっても、見た目が汚いとかドロドロに汚れているのではありません。毛穴の奥に目には見えづらいレベルの皮脂や、バイ菌が詰まっている場合などを指して不潔と表現しています。

バイ菌

その他、外出先から帰宅したときなども、外でゴミやホコリ、花粉・雑菌などが付着しています。顔はメイクで毛穴が詰まった状態になっています。

帰宅して疲れていても洗顔だけは、きっちりやってくださいね。

もし洗顔を手抜きすると、顔中にニキビが繁殖する栄養分がたっぷりあるので危険です。まるでニキビ菌を顔の中で養殖しているようなもの。洗顔、忘れないでください。

毎日、最低でも朝と晩は毛穴の中に汚れがないように、清潔にするのがニキビを早く治す、また予防策になります。

白ニキビを早めに治す

ニキビはつぶさないように注意しましょう。

初期の白ニキビは治りやすいので、もっとも大事なのは、清潔に保つため、正しい洗顔が大切です。これは予防にもなります。

洗顔と保湿

効果的な水洗顔の方法

帰宅後、すぐに顔や体を清潔にするのが、肌ケアの基本。湿度が高い日などは、汗を多くかいているのでより早く清潔にしたいものです。

一番良いのは、家に帰ってきたら、まずはお風呂に入ってシャワーで汚れを落とすことですね。

どうしてもニキビがひどくて、どうして良いのか自分で判断できない場合は、皮膚科(ニキビが専門、あるいは得意なところ)で診察を受けて、しっかりと治療してもらいましょう。

もしかしたら別の皮膚病もかもしれないので。とは言っても、病院によって得手不得手があるので、先生の評判を周りの人に聞いたりして、評判を確かめられると更に良いです。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする