紫外線でニキビが悪化? 気になるポイント

紫外線の日焼け予防

ニキビやニキビ跡に紫外線は厳禁です!

「真夏のビーチでのんびり日焼け。」
リゾート気分を満喫できますね。

・・・その時だけは。

小麦色に日焼けした肌は、健康的に見えるので昔は好まれていました。

しかし、夏の強烈な紫外線は、かなり肌を焦がします。

ニキビ跡に、その強烈な紫外線を浴びれば、後々、色素が黒く残り沈着してしまいます。そうなると少々のメイクでは隠しきれない程になります。

シミ

日焼けは広範囲に及び、とても悲惨な肌になってしまいます。

しかもその年だけではなく、何年も経過してからシミになって降りかかって来ます。

私も10代に頃に肩から背中にかけて日焼けしてして、こんがりと焼いていました。でもいま、その背中は人前にさらすことができない程のシミになってしまいました。

いま必死でシミを消そうとあれこれ対策をしていますが、薄くはなったものの完全には消すことができていません。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

ニキビに日焼け止めクリームはダメ?

とても難しい問題ですが、ビーチにいって日焼けするなら日焼け止めクリームは欠かせません。ニキビが悪化することよりも、はるかに紫外線でダメージを受ける肌の方がリスクが高いです。

 シミとニキビ

紫外線を浴びると活性酸素が増加して、皮脂を酸化させますし細胞も老化に導くので、良いことはありませんね。昔は太陽に当たるのは、ビタミンDが生成されるからという理屈でしたが、現在は日常生活程度の日の光で十分で、わざわざ日焼けしてまでは意味がないことがわかっています。

このようなことから日焼け止めの使用はかかせません。できれば日に当たらないように、何かを羽織るなどして避けたいものです。使用後は、しっかりと洗い落として保湿をしましょう。

ニキビ用の日焼け止めの中には、効果がイマイチなものがあるので、それなら日焼けするよりも普通のものを使う方が良いでしょう。

曇りの日の紫外線もかなり強烈

「曇りの日は大丈夫。」

その根拠のない思い込みが、後に大変な肌トラブルを招いてきました。

気象庁によれば、快晴の日を100とすると、曇りの日の紫外線は約6割もあります!雨の日でさえ3割もあるので、安心して外出していると信じられないくらい日焼けをしてしまいます。

山など、高度が高くなるほど、空気が薄くなり空気中のゴミや塵が減少するので、紫外線が強くなるので日焼け止めは欠かせません。くれぐれも未来に影響を及ぼすシミの元を作らないようにしましょう。ニキビに紫外線は厳禁です。

関連記事
保湿クリームの選ぶポイント

こちらも読まれています。
もし色素沈着してシミになった>>美白と美容液でケア

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする