敏感肌でニキビケアに良い洗顔石けん! 選び方と使い方

石けんで手洗い

ダメな石けんと良い石けんの見分け方と、長持ちするコツについて紹介しています。

長持ちしても、あまり使いたくない石けんもあります。ぶつぶつ肌にも良いみたい。

「この石けんダメ~」

いろんな石けんを使ってきましたが、ダメダメな石けんはいつまでも減らない石けん。使われた経験ってありませんか?

「持ちは良いんだけど、ちっとも泡立たない。」

石けんって、毛穴などに入り込んだ汚れを泡でかきだして、キレイになるんですよね。それなのに泡が出ないなんて。そんな石けん、長持ちしてもいらない。

だから泡立つ石けんが良いですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

泡立つ石けんはすぐに減るのウソ・ホント!?

気になる

石けんはオリーブオイルなどの油と、苛性ソーダーなどアルカリ成分を使って石けんを作ります。

泡はこの油とアルカリ成分にプラスすると、泡立つ石けんになったり、ぜんぜん泡立たない石けんになったりします。

最近は節約志向で、あまり減らない石けんが人気かもしれませんが、それだと効果が半減します。ほどよく泡立ち、石けんの減りも、そこそこのものがおすすめです。

量産の格安石けんの中には、短時間で量産してコストを下げるために、低品質の添加物、オイルを使用している場合があるので注意が必要です。そういうものは肌への負担が多いので避けてください。

特にお子さんでニキビや肌荒れが心配な場合は、良質な石けんを使うのが安心です。

良質な石けんを大切に使うコツ

良いの見つけたよ

良質な石けんは材料も厳選されているので、どうしてもコストがアップして商品価格に転嫁されています。それは仕方がないのですが、泡立ちやすい石けんをお風呂にぽいっと置いておくと、シャワーのお湯で徐々に溶け出してしまいます。

石けんを入れる容器
(ふた付きの石けん容器)

お湯がかからないように、少し高い位置に置いておくのがポイント。受け皿も水がたまらないような穴の開いた容器にしましょう。水がたまると、良質な石けんは溶け出してくるからです。

というのも、私が実家にいる間にお気に入りの石けんを、家族がシャワーしていたら、どんどん小さくなっていったんです^^;

汚れが落ちすぎる石けんも実はダメ石けん?

石けんは、汚れを落とせばそれで良いって思っていませんか?

実は石けんって、もともとは保湿機能も兼ね備えていたんです。でもそれだと製造コストや時間がかかるので、安い石けんはそういった機能は省かれている場合が大半。

そんな石けん、安くても手や顔の脂を落とし過ぎて、乾燥肌になってしまい潤いが無くなってカサカサします。それがニキビの大敵です。

あまり落ちすぎる石けんも要注意。そこで保湿重視で選んで欲しい。

まとめ

そこで泡立ちやすく、持ちがほどほどで保湿機能も備えた石けんが、洗顔石けんとしても良好です。

いまある洗顔石けんが、それらに該当していればOKです。

soap_13

その点、この石けんは、ものすごい泡立ちです。>>ニキビ専用洗顔石けん

泡立ちが良いので子供に好評なのですが、泡を出して遊んでしまうのですぐに小さくなるので、目をはなさないようにしてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする