ニキビに洗顔料と固形石けんって、どっちが良いの?

洗顔料と固形石鹸、どっちがニキビ予防に良いのでしょうか?

皮膚科では固形石けんをすすめる先生も。大きな分類でいえば固形せっけんも洗顔料の仲間ですね。

違いは添加物や成分などで違いで分けられています。

良いという基準は?

洗顔料と石鹸

まず、これは絶対に外せない基準は使いやすさ。洗顔で毎日、使うわけなので、使い勝手は大事ですよね。そしてこれは外せない特徴があります。

ポイントは泡立ち

汚れを落とすのは泡。泡立たてにくいものは、使いにくいのでストレスがたまるので使わない方が良いです。

イライラすると、固形の石鹸を体に押し当てて、それで溶かして泡立てようとされる方がいます。それだと皮膚を痛める危険があります。というか痛めます。

しかもそんな強い力が加わったら、背中や胸にできたニキビなどを潰してしまいそうで怖いです。

泡立て

キメの細かさもポイント

泡ができれば良いというものでもありません。キメが細かい泡の方が、より毛穴の狭い所の汚れも落としてくれます。粘りがある泡は、かなりその粘りで毛穴からの除去力が強そう。

できるだけ刺激が少なく、天然成分を配合したものがお肌には優しい。敏感肌の人は、特に刺激物は避けた方が無難ですからね。

購入される場合は、通販の販売ページやカタログなどで、天然成分をうたっていない商品は、ちょっと避けた方が安全。

参考 敏感肌でニキビケアに良い洗顔石けん! 選び方と使い方

お子さんのニキビ対策なら、家で使っている石鹸を泡立ちがよくキメの細かいものに置き換えるだけで良いので、自然と使ってくれると思います。

さらに冬や乾燥する時期は保湿成分が入っているものなら、時間が無いときにぴったりで乾燥を防げます。

洗顔料と固形石鹸の対決ではないので、自分のお肌に合うか合わないかで選定された方が良いです。

泡立たないと毛穴に詰まり逆効果

泡立たない

固形石鹸を泡立てずに、体に押し当てると皮脂が毛穴に入り込んでしまいシャワーで落ちにくくなります。最悪、皮脂などの汚れをさらに毛穴の奥に押し込む事も。これは避けたいですね。

洗顔料の粘りが強いと落としにくくなり、ニキビ菌(アクネ桿菌)のエサになってしまうと、何の為の洗顔か分からなくなるので、くれぐれも泡でキレイにするのを心かげましょう。

(洗顔)石けんが選ばれるわけとは?

一般的にニキビに、洗顔料よりも固形石けんが良いと言われるのは、肌に合うかどうか。

着色料や香料、エタノール・鉱物油が添加されていない物は、肌にやさしく無添加でニキビのケアに良い洗顔石けんです。

soap_11

参考ニキビ専用洗顔石けん

これまで使っていた商品を変えて新しく選ぶときには、泡立ちや天然成分など、肌に優しい面を確認してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする