背中の『ぶつぶつ』 かゆみが止まらない? 防ぐ2つのポイント!

背中のブツブツが痒い

「 背中がかゆくて、がまんできないくらい!」
「 触るとなんだかお肌が、ぶつぶつになっている。」

鏡でみると赤くなっているのが気になります。色々調べて見たら、ニキビとマラセチア毛包炎症、湿疹やアトピー性皮膚炎などがありました。

ニキビもマラセチアも、そもそも皮膚病のカテゴリで、同じ細菌が引き起こしています。どちらも原因は共有していて、皮脂が栄養源になって増殖を繰り返すので、対策もやりやすいですね。

ポイントは2つ

  • 肌を清潔にする。
  • 乾燥を防ぐ。

最低限、この2点は必ず対処しましょう。

「今日も暑いわ。」
「夜終わったら、飲みに行く?」
そんな日は、かなり汗を流しているはずですね。

夏場は汗をかいて、肌が加湿気味になると細菌が繁殖しやすいので、こまめに汗を拭き取るのがポイント。ただし、仕事中や移動中は難しいので、吸汗性の下着や服などを選びましょう。

タオルも使い回しをしないで、こまめに交換するのが清潔なお肌を守るのに大切。

体を洗う場合の注意点

体を洗う石けんにも注意。背中がぶつぶつして、かゆみがあるならすでにバリア機能が低下している証拠。髪の毛が長いと背中と触れて、あまり刺激のあるシャンプーやリンスは避けるのが得策です。

髪も真夏は、少し短めにできればいいかも。

湿疹もアトピーも乾燥を防がないと、皮膚は治らないので集中的に保湿をしっかりする必要がありそうです。

乾燥肌になるとバリア機能が低下して、ウイルスなどの侵入を防げないのでさらに皮膚病が回りに広がる危険があるから、保湿はとても重要です。

上記2点のポイントは、こちらで紹介しているアイテムで予防できます。>>背中に出来たニキビが痛いときの対処法

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告