なぜ生理前はニキビや肌荒れが加速するのか?

生理の女性

生理前はニキビが出来やすいですね。肌荒れも気になるのもこの時期。
女性の体調のリズムは生理に左右されます。

ニキビや肌荒れは一旦できてしまうと、なかなか治らない皮膚なので、できるだけ対策・予防を重点的に心がけたいものです。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

逆算してニキビ予防

自分の生理から逆算して、生理前の体調管理を重点的にします。本当は365日、毎日注意できれば良いのですが、そういうわけにもいかないですからね。

生理日

そこで生理の前、基礎体温を測り10日くらいは次のようなポイントに注意してください。

  • 食生活
  • 睡眠
  • アルコール
  • 洗顔
  • メイク
  • ストレス

まず食生活ですが、焼き肉など胃腸に重いものは避けて、野菜やタンパク質中心の食生活を心がけます。ケーキバイキングも控えます。これが結構キツイですね。でもこの期間だけは避けて不摂生はしない。

生理前焼き肉 → お豆腐や豆類中心

家で比較的ヘルシーな鶏のササミなどはぜんぜんOK。食べ過ぎを避けるためです。

生理後焼き肉もOK

会社や仕事のつきあいで、どうしても難しい場合は命の母も良いですよ。

生理前ニキビに命の母

寝ると若返る!

睡眠時間をたっぷり

食事と共に気を付けたいのは睡眠。睡眠不足はお肌の大敵。

22時に寝る

肌は睡眠中(特に夜10時から深夜の2時ころまで)に、古いお肌を修復して生まれ変わっています。睡眠不足だと新陳代謝が低下して、古い細胞が活発に新しくならずシワなどのリスクが増します。

普段は仕方ないですが、生理が近づいたら早めの寝床で肌も早めに休めます。適切な時間に寝ると、お肌が若返ります。

アルコール

アルコールは適量なら良いですが、大抵、たくさん飲むのは飲み会。

どか食いと飲酒で夜も遅くなり食生活も乱れがち。揚げ物、唐揚げ、天ぷら、どれも美味しいですが、いつもの食事で少し食べるくらいは良いのですが、つまみにたくさん食べるのは避けたいですね。

生理前から生理が終わるまでは、体調管理を優先させて避けたいところです。

洗顔とメイク

食事や睡眠に注意しても洗顔をおろそかにすると、思ったような効果は得られません。

洗顔とメイクはセット。朝の洗顔と、夜のメイク落としは肌のダメージがないように丁寧に。あまり力を入れずに、赤ちゃんの小さな手を握るときのように優しくケアします。

角質が気になる方はピーリング石けんがおすすめです。>>ピーリング石鹸

ダメな洗顔は、朝の忙しい時間にバシャバシャ、冷たい水で洗顔すること。時間が無いからと朝の洗顔を手早く済ませると後々、ニキビができる原因になります。

しっかり洗顔したら、忘れちゃいけないのが保湿。乾燥肌もニキビになりやすいです。もし時間がない方は、こちらも活用されると良いでしょう。>>ニキビ洗顔専用

まとめ

生理前に食生活も乱さず、早めにアルコールを避けて早めに寝床すれば、ストレスも低減できます。

生理前に体調を万全にすれば、ニキビ予防になり肌トラブルでストレスが蓄積することも避けられるので、一度、チャレンジしてみてはいかがですか?

ちなみに副効果として、ダイエットにつながります。良いこといっぱいです!

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする