【産後のニキビ】肌荒れを改善する3つの方法まとめ

「妊娠中はニキビもなく、キレイだったのに・・・」

出産まではニキビもなく、お肌も比較的きれいな状態だったのに。

「産後、乾燥肌でガサガサ」そんなことありませんか?

もしそんな状態で、急にニキビが増えていたらすぐにケアをしないと、ニキビ跡が残ってしまいます。

でも、気づいた今からでも早くケアすれば十分にきれいにできるので、あまり心配しなくても大丈夫。

そのカギになるのがホルモンバランス。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

ホルモンバランスの悪影響

産後

ホルモンバランスの影響で、美肌から肌荒れになります。

最初の初産で出産直後は、赤ちゃんのことで精一杯で、とてもお化粧にまで手が回らない。そういう場合、数ヶ月してから肌が荒れてしまいます。

妊娠のある時期、女性ホルモンのバランスが肌にとっても良い状態で、若返ったようなつるつる、美肌の時がありました。そのときは、スッピンでも大丈夫かもって思って喜んだのも束の間。

それがみるみる悪化してしまう。産後のホルモンバランスの乱れがかなり影響しています。生理痛もツライ。ストレスも溜まってしまいます。

多かれ少なかれ、誰でもそういう経験をされます。ただ人によって肌荒れとして現れると、気になってしまいますね。

ホルモンバランスの乱れはいつまで?

ホルモンバランス

そこで気になるのが、一体いつまでホルモンバランスが乱れて肌に悪影響を及ぼし続けるのか?

個人差が大きいのですが、長い方だと産後1年程度は、ホルモンバランスが安定しないと言われています。

個人差があるので、それよりも短い方や長い方もいます。この期間の間も、常に上下にシーソーの様に揺れ動いている場合も。

しかし女性ホルモンが多いから悪いとか、少ないから全部ダメだということでもありません。

2つの女性ホルモン

女性ホルモンは2つの種類があり、それぞれに働きが異なります。ここでは簡単にわかりやすくまとめました。

2つの女性ホルモン

エストロゲン

  • お肌を綺麗にしてくれる。
  • 代謝の働きを改善。
  • ダイエット
  • 精神的に安定

女性に欠かせない働きをしてくれる、有用なホルモンだと分かりますね!

このホルモンの特徴は、体にあまり悪い影響を与えません。

プロゲステロン

メリット働きは、子宮の働きにも影響を与え、母乳に重要な乳腺の発達も、プロゲステロンが大きく関わっています。妊娠ホルモンとも言われ、出産・産後に大きな働きをします。

女性にとっては欠かせないホルモンと言えます。

ただし、問題はデメリットがあります。

  • 特に精神面に影響を与えます。

イライラ、うつのような症状もプロゲステロンが関わっています。

このホルモンは、自分の気持ちだけでなんとかできるものではありません。個人差も大きく、ママ友が大丈夫だからといって、あなたも大丈夫とは限りません。

イライラはあなたの責任ではなく、ホルモンバランスが崩れているのが原因の可能性が大。また精神面や疲れだけではなく、食欲低下もこのホルモンが作用しているといわれています。

まさに女性泣かせといえます。ただ血糖値などを正常に保ったりという、メリットの面もあるのでやっかいです。

つまりこの期間、それなりの対処をする必要がありそうです。たまにネットの掲示版で、不安定なママが書き込んだコメントに、激しく批判されていますが、このような状況を考えれば、一概に批判はできません。

バランスを整える

「イライラしているの、なんとかならない?」って尋ねたら、「1年待ったら。」というのは、身も蓋もないですね。

実際、この私のめまい、なんとかならないの?とか、肌がボロボロなのに・・・という深刻な悩みは、さすがにいつ終わるかわからない、 産後の体の変化をただ待つだけの方が苦痛です。

そこでありきたりかもしれません、人によっては効果が高いかもしれませんので、いくつか紹介します。

ガマンしないで婦人科へ

出産前後の精神的な不安定は、心の持ちようだけで解決できる問題ばかりではありません。やはり辛い場合は、すぐに専門家(婦人科)に相談にいくことをおすすめします。

またあなたの気持を理解してもらえないと感じたら、セカンドオピニオン(患者さんが適切な治療を受けるために、他の病院や担当医を変える方法)を検討しましょう。

決して、一人で抱え込んだガマンする必要はありません。医学で解決できることは任せるのが良いです。

私の場合、できるだけ早く寝るように心がけました。主人にもそのことを伝えて、ちょっとだけ脅かしました。

このまま疲れたら、イライラして離婚するかも。だから早く休ませて。」かなりびっくりしたようですが、最近、コミュニケーション不足を反省してくれて、理解してくれるようになりました。

辛い時は家族や、せめて友人に相談するのが一番!

皮膚科でニキビが綺麗に!?

考えていたような美肌にはなれない。皮膚科に通院したら、「出産直後は仕方ないですね。」なんて言われた方もいます。

味気ないですよ。こっちは心配で、早く治したくて忙しい中でやりくりして通っているのに。通院先を変えるのが良いかもしれません。自分に合った先生を見つけるのが良いでしょう。

それでも出された薬が、肌になっていないとあまり効かない感じ。そのことを先生に告げても、

「体質がいまは安定しないから、時期がくれば改善しますよ」なんて言われたら、診てもらう意味がないです。

産後の忙しい時こそ自宅でケア

そこでニキビケアを自分でするのを考えたのですが、プロアクティブは肌が余計に荒れたっていう人も多いのが気になりました。どちらかというと、あれは皮質の分泌が多い若い人向けのようなイメージ。

そこでもっと自分にあったものを探していたら、化粧水と美容液がセットになって、オールインワンでケアがとても楽なニキビケアを見つけました。

しっかりと潤いと保湿を両立してくれるので、肌の本来持っている力で徐々に治るような感じで、敏感肌の私にもぴったり。

ニキビや吹き出物など、同じ様な傾向の方は、一度、試して肌の改善の具合を確かめてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする