リプロスキン【reproskin】導入型柔軟化粧水!メリットとデメリット

リプロスキンを使うきっかけになったのは、顔や手がカサカサになるタイプで、冬だけじゃなく夏もエアコンで乾燥してしまうくらい、保湿できていなかったからです。

乾燥肌はニキビを出来やすくするので、洗顔後に潤いを補給するため化粧水は欠かせません。

そんなことを友人(男性)にしゃべったら、「顔を洗ったら潤うでしょう?」っていうからびっくりしたんです。

そりゃ水で濡れている間は、潤っている気になりますが、水が蒸発したら乾燥してしまいます。地面だって、水がなくなればひび割れしてきますから。

化粧水で肌に浸透させるには?

ニキビ顔の跡

そこで化粧水で肌に、早めに浸透させるのに使います。でも肌に合わなくて探していたんです。

でも普通の化粧水と違うのは、リプロスキンは、お肌の表面を柔らかくして整え、美容成分が浸透しやすい状態に整えてくれます。浸透しづらいと何を塗っても効果がイマイチですからね。

私も検討したときに、どんな人が対象なのかも確認しました。

対象・・・敏感肌、ごわごわ肌、赤らみリンゴ肌の人、繰り返しニキビができやすい人など。

某ニキビケア商品と比較すると認知度では劣りますが、日本製で安心度が高そうだと感じました。

  • 合成香料、着色料、鉱物油、パラベン、アルコールなどが無添加
  • 日本製で品質が期待できる。
  • 医薬部外品
  • 初回限定ながら、本品を使い切っても60日間の返金保証があるので安心。
  • 多数の雑誌に掲載されているので、ある程度有名。
  • 購入者が多いので使用者の声が集まっているので参考になる。
  • ニキビケアだけではなく、肌のお手入れに活用できる。
  • 満足度92.9%

マイナス面もあります。

  • サンプルがない(肌に異常があれば返金保証を使える。)
  • テレビCMはしていないので、プロアクティブほど有名ではない。
  • 物品の特典・おまけが付かない。

私はサンプルがないのが、ちょっと痛かったですが返金保証があるので安心しました。

リプロスキンってテレビCMをしていないので、あまり知りませんでした。認知度という点では一歩及ばないですね。

その代わり何億とか莫大な広告費を掛けていないので、商品にそのコストを上乗せされていないのが良い所かなとも。でもちょっとくらいCMしてくれる方が良いんだけど。

>>新発想!!ニキビ痕専用導入型化粧水!

置き換えるだけ

有名じゃないけど私が良いと思ったのは、『いつもの化粧水と置き換えるだけ!』というところなんです。

リプロスキンはニキビケアに最適化された化粧水というのもポイントでした。ニキビが治った後の予防化粧水にもなるので、 基礎化粧品だから普段使いできるので忘れないです。

普段、忙しいとつい忘れてしまうんですが、同時にできれば忘れることもないし、時短できるので私みたいなめんどくさがりやでも続けられます。

赤みが予想以上に目立ちます

困ったのはニキビ跡は、そのままにしておくと赤味が残ってしまい、予想以上に目立ってしまうこと。

それもリプロスキンなら、ケアできるので良かったです。

ほかにも、
肌を引き締めたり、清浄にする。
化粧水なので皮膚へ潤いを与える。

というところも、少々疲れ気味の肌を実感していので惹かれました。

いつもの化粧水と置き換えるだけ、簡単なケアで繰り返しできる『キビの予防に使える』ので便利だと感じました。

毎日使うものだから、手軽に使えないと改善するまで続かないですからね。
その点、リプロスキンは使いやすいです。

置き換えるだけの簡単ニキビケア、一度、健やか肌を実感してみてください。

※リプロスキンはこちら↓  ↓  ↓  ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする