リプロスキンの副作用や肌荒れで効かない?お試しはある?

生理前に出来やすいニキビも、リプロスキンを使うとひどくならない♪

評判の人気の化粧品の1つですが、副作用を心配される方もいらっしゃいます。

実は私も敏感肌で気になりました。化粧品って人によって、ニキビに効果があると言う人や、全く効果が無かったという人も多いですね。

そんな中、リプロスキンの主成分『グリチルリチン酸ジカリウム』に副作用の疑惑がでてきました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

グリチルリチン酸ジカリウムは危険!?

副作用

聞き慣れない化学成分ですが、炎症を抑える作用があります。漢方薬の甘草(カンゾウ)にも含有しているもので、風邪薬や石けん、シャンプー、育毛剤など様々なところで使われているメジャーな成分だったのです。

ではなぜ、副作用疑惑がでてきたのか?

抗炎症作用があるグリチルリチン酸ジカリウムが、なぜ効果があるのかというと、ステロイド剤と同じ様な作用(偽アルドステロン症)をするからです。

ステロイド = 長く使うと危険そう。

そういうイメージがあるからですね。

でも副作用がでるほどの成分量をリプロスキンに添加したら、薬事法違反になるので管理されています。よってグリチルリチン酸ジカリウムで、ステロイド剤のような強い副作用は心配ありません。

それよりも問題なのは塗り方です。

リプロスキンを何度も塗りました?

ニキビの効果を確認するのに、リプロスキンを何度も塗ってしまう。という方は注意してください。

リプロスキンは1日2回です。(仕様が変更になる場合があります。)

たしかに早くニキビを治したくて、効果を早めるためにもっと回数を多く塗りたい気持は分かります。でも1日で2回しか塗ってはだめなのに、5回も塗ると副作用が発生する危険もあります。

お塩や砂糖だって、たくさんなめたり食べれば病気になります。飲み薬なども効果を高めようと、たくさん飲むと危険です。必ず使用方法は守りましょう。(参考:リプロスキンとは?ニキビ跡へ本当に効くのか効果等まとめ

用法や用量は守る

塗りすぎもどうかと思いますが、逆にもったいないからと、少ししか塗らないのも効果が得られません。1回しか塗らずに、しかも塗る量を半分にすると1/4しか塗らないことになります。

これなら4倍は持ちますが、ほとんど意味がありません。正しい分量を使う様にしましょう。

アレルギーは塗って見ないと分からない

肌断食のやり方に疑問

薬のアレルギーも、実際には塗って確かめないと分からないです。絶対に大丈夫というのはあり得ないので、必ず確かめてから使うのが安心。

使用の際には、あまり目立たないところで必ず仮塗り(パッチテストという)して、肌が傷まないか等を確かめてから本塗りするのが基本です。いきなり顔の頬やおでこなどに塗って、肌にあわずにかぶれで、真っ赤になるのだけは避けたいものです。

でも体調が悪くて、いままで何事もなかったのに、かぶれたという話しも聞いたことがあります。これって化粧品などに限らず、食物アレルギーなどでも同じですね。

いままで大丈夫だからと思っても、何か少しでも異常に気づけば、すぐに専門の皮膚科に相談した方が良いでしょう。素人判断は、あとから後悔するもとになりますから。

プロアクティブは、薬効が強く治るという人と、その強さで肌荒れがひどいという人も。つまり効果は人によって逆効果になる場合も。見方によってはそれが副作用と言えるかもしれませんね。

成分を確認したけど理解できない

試験管で検査

私の身近にもいるのですが、成分表を丹念に見比べて大丈夫かどうか調べる人。グリチルリチン酸ジカリウムはどういうの?とか^^;

そのうち試験管でテストでも始めそうな勢いでした。国内で販売されているものは、必ずチェックされているので、違法なものは入っていないはずです。

それに化学薬品名を1つずつ調べていたら、頭が痛くなってしまいます。しかも薬品って単独では異常がなくても、複数の組み合わせで異常がでる場合があるので、飲み薬も必ず医療機関では考慮されます。

そこまでリプロスキンの副作用が心配でしたら、化粧品類はすべて使うのは止めて、皮膚科でしっかりと診察を受けた方が良いと思います。たぶん心配でストレスでニキビが悪化すると思います。

あ、皮膚科のお薬も調べるのでしょうね。。。

やっぱりパッチテストが早いし確実です。

リプロスキンのサンプルトライアル(お試し)はある?

リプロスキンにはお試しは用意されていませんが、万一かぶれの問題や効果が全くなければ、返金保証制度があるので活用されると良いと思います。

口コミや感想などを読んでも、個人差が大きいので実際に使って確かめないと分かりません。

こちらも読まれています>>リプロスキン【reproskin】のメリットとデメリット

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする