ニキビ跡にピーリング石鹸は使える?化粧のノリが良くなりました

ピーリング石けん

ピーリング石鹸がいま大注目を浴びています。

そもそもピーリングは、硬く厚くなった角質を除去して、毛穴から皮脂が出やすくする目的で使われます。

一般家庭では、さすがに熟練技術が必要な薬品を使うのは難しいです。自宅で手軽に出来ないの?そんな要望から産まれたのかもしれません。

そこで手軽にピーリングできる石けんが開発されてます。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

ピーリング石けん

ニキビは、皮膚(角質)が毛穴に覆い被さるようになることで、皮脂が毛穴から排出できないため蓄積されます。しかも空気が遮断されて酸欠状態になります。

角質層が肥大

実はそんな環境がニキビ菌(アクネ桿菌)が、もっとも好む生育環境なのです。そこでピーリング石鹸をうまく活用して、ニキビ菌が住めない環境にしてしまうわけです。

特長

ピーリングは、痛んだ皮膚を早く再生する場合に用いられる技術で、一般的には美容整形や皮膚科などで使われるもので、自宅で簡単にできるものではなく、専門家の先生が行うものでした。(病院で行うピーリングはケミカル・ピーリングと呼ばれます。)

それを家でするため様々な商品が開発されましたが、最初は刺激が少ないものを選ぶのがポイント。敏感肌の方は、極力、刺激を避けてください。

肌荒れが心配な方はパッチテストで試してから、徐々に活用範囲を広げて肌に異常がないかを確認して、本格使用をするのが基本です。

 ニキビ後をピーリング石けんで改善したという方も多いので、自分の肌に合うのか使って確かめてください。

甘い物を食べすぎてニキビがたくさんできたときや、結婚間近でニキビができてしまったときなど、古い角質を落として、早めにケアする場合に使うと良いですよ。

化粧のノリが悪い

「しっくりこない。」

年齢も影響しますが、肌の状態が悪いと化粧のノリが悪くなります。しかもくすみ、シミなども目立ってきます。

「洗顔は念入りにしているのに、なぜか最近はイマイチ。。。」

ニキビは化粧にも影響するので、洗顔もきっちりしているけれど、あまり改善されない場合は、古い角質や肌の汚れを取り除く必要があります。

いくら洗顔したつもりでも、毛穴とその周りをしっかり清潔にしなければ、ニキビ菌はいつまでも繁殖を続けてしまいます。そこでピーリングの効果が期待されます。

ハイブリッドなピーリングアイテム

石鹸が合わずに悩んでいたら、ホワイトヴァージンピールに出会いました。

ホワイトヴァージンピールはピーリング石鹸に、潤いやくすみの改善を目的として、様々な成分を配合して、より肌ケアを良くする工夫がされているイメージです

ヒアルロン酸や水溶性プラセンタという、女性の肌ケアに欠かせないものもしっかり配合。ニキビ跡に悩んでいたので選びました。

ピーリング石鹸が肌に合わない原因

赤みを増したり、ヒリヒリしたりピーリング石鹸を使ったデメリットは、いくつか原因が考えられますが、肌に合っていないことが原因の1つ。

最近は、香りや色を綺麗に魅せるために、合成香料や合成着色料などが配合されていたりします。でもこういうのはごく微量でも、肌に合わない人がいます。

アレルギーとまではいかなくても、イマイチ合わないことも。肌トラブルで悩んでいる方は、鉱油なども含有していないものを選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする