パートの面接で気をつけたい服装とは?

第一印象が大切です。新しい職場にパートの面接に行く場合、ラフな服装は要注意です。

面接の服装はスーツ

私がビックリしたのは、金髪でラフな格好で面接を受けに来た女性がいました。さすがに遊びに行くのじゃないので、スーツでピシッと決めないと、第一印象が最悪です。

もし仮に合格しても、その姿を既存の従業員の方に見えられていると、後々、印象が悪くなって働きにくくなりますね。

若い方がジーパンで面接に行かれていたとしても、それは避けた方が無難です。

パートさんの場合は、見た目がとても大事ですから。レジのパートだったら接客をするので、身だしなみが身についていないと、クレームになってなってしまうことも。

なので一般常識があるかを面接で見やすいのが服装だからです。髪の毛もまとめて、スーツで決めれば、まずまずだと思います。ただし化粧が濃すぎたり、ニキビが酷いと飲食店などは厳しいかもしれません。(参考:ニキビが急に増えた時の現実的な対処法

工場での内勤の作業だったら、そこまで厳しくはないと思うので、勤務する職場と作業内容に大きく左右されると思います。 

洋服関係の面接だったら、リクルートスーツが不可の場合もあるようです。求人票で履歴書や服装などに特別の記載がないかもチェックしてください。

履歴書はていねいに

いまはパソコンで書く人もいますが、やはりまだまだ手書きが多いですね。字の上手下手よりもていねいに書いているかが問われています。ゆっくり落ち着いて書けば大丈夫です。

履歴書

写真は面接の時と同じ格好で決めていると、好印象だと思います。

自己アピールが面接なので笑顔で接すれば、マイナス評価はされないでしょうね。

書類を持参する場合は、履歴書を折らずに入れられるサイズを用意しましょう。茶色の角型2号の封筒が一般的だと思います。

面接時、封筒から出して開いてが読みやすい方向に向けて渡すと良いと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告