大人ニキビを予防するポイント

治りにくいんですよね。大人になって出来るニキビ。

体も子供の頃と違って変化していますし。同じじゃない。

大人ニキビの予防は、思春期の頃とは異なりますが、もっとも効果的な方法を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

大人になってからできるニキビ

大人の女性

思春期の頃は、ホルモンバランスの影響で皮脂の分泌が増加して、顔が脂でテカテカ光るくらいになりやすい。

そうすると毛穴に皮脂が詰まってしまい、毛穴が酸欠状態に。ニキビ菌は酸素が少ないところで増殖する特徴があり、格好の環境が整うわけです。これが思春期の頃に出来やすい理由。

一方、大人になってからできるニキビは、皮脂はもちろんですが、次のような原因も絡んでいます。 

大人ニキビ 思春期

乾燥肌

ストレス

睡眠時間

食生活

自律神経によるホルモンバランス

成長期におけるホルモンバランス
(皮脂分泌が過剰)

 
食生活

これらについて、有効な方法を対策する必要があります。

乾燥肌で脂性の予防対策

 潤いを与えるのがもっとも効果的です。乾燥肌は意外と思われるかもしれませんが、脂性・オイリー肌でも乾燥肌は存在します。 

 例えばサクサクのパンにバターを塗ると表面は油っぽくなります。しかし内部は乾燥してサクサク状態。人の肌もそのようになっていると、ニキビが出来やすくなります。

その他の大人ニキビの原因

  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 食生活
  • 自律神経が不安定
  • 運動不足
  • 便秘

などがありますが、まず一番に行うとよいのは保湿です。
(他の原因対策:ニキビを早く治す、繰り返さない為にすべき予防策

乾燥と皮脂の関係

お肌の潤いと、皮脂の分泌は別の機構で働きます。

皮脂は毛穴付近にある皮脂腺から分泌されますが、潤いは肌の内部から毛細血管を通じて供給されます。この事から乾燥肌でも、オイリー肌になるのがわかると思います。

 肌が乾燥すると、肌の表面にある角質層と呼ばれるところが機能不全を起こします。すると細菌などが皮膚から浸入しやすくなります。つまり角質層が正常に働いている間は、バリア機能で守られていたのです。

細菌の侵入を防ぐ

しかしこのままでは無防備になり、感染しやすくなってしまいます。

未然に防ぐために、代わりの機能が働きます。そこでバリア機能の強化として皮脂の分泌を多くします。これが脂性の原因の1つ。

乾燥対策

思春期はホルモンバランスの影響で皮脂が増加して、ニキビになりましたが、大人ニキビは乾燥肌になると、ニキビが出来やすくなります。

予防のポイントは潤いが少ない大人は、化粧水で乾燥肌を防ぐのが基本。もし潤いがイマイチな方は、最新の化粧水に変えてみるだけで、かなり印象が変わるでしょう。

(参考:ニキビにも良い最新の化粧水

大人ニキビを予防するには、ショッピングや会社などで乾燥した空気がエアコンから排出されるので、それを補うために保湿は重要です。外出時も肌ケアは忘れずに。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする