入社式にふさわしいメイク

入社式のメイクで、その後の会社での行方が決まるかも。

基本ベースは、ナチュラルメイクです。
ファンデーションも極力薄めで、化粧が濃いのは避けた方が無難。自分では薄いつもりでも、若い女性の間のメイクと、社会人の女性のメイクでは差が大きい場合もあるので注意が必要です。

この写真のような抑えめな化粧が無難なところ。

入社式のメイク

 さすがにノーメイクは避けて、一応、化粧で整えているのが分かるくらいがベスト。

中にはすっぴんでもいいんじゃないの?という方もいらっしゃるようですが、もしあなた1人だけすっぴんなんてことにもなりかねません。

最低限、大人の女性のたしなみとしてメイクで整えるのは必要だと思います。高校や大学と異なり、同期の入社組もすべてライバル。常識人として振る舞えないと、リストラ対象のリスクも増すので注意された方が無難です。

濃いメイクは嫌みを言われるかも

「最近の若い子は、メイクもできないのね。」

「そうそう。しかも濃いしね。別の職業が向いてるんじゃないの。」

なんてお局様に思われると大変。メイクも髪の毛も、地味に仕上げるのがポイントです。

社内の流儀が徐々に見えてくるまで、あまり目立たないのが得策だと思います。あまり目立つと、悪い意味で目を付けられます。

「 化粧が濃いと水○売なの?]って嫌みの一つも言われてしまうかも。そういった周りの環境まで把握して行動することが求められています。

嫌みを言われた女性

入社前までに顔に、ニキビがたくさんできてびっくりする場合もあるので、早め早めにケアしておくのが無難です。

社員研修などで接客を任される場合もあるので、肌をきれいにしておくのはプラスにしかならないので、見た目にも配慮するようにしましょう。 

もし迷ったら、早めに百貨店などにいる化粧品売り場に配置されている、専門スタッフに相談すると良いですよ。適切にアドバイスして、あなたにあったお化粧品も選定してくれます。

関連記事
週末プチ断食ダイエットでニキビを撃退する、とっておきの方法

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告