入社式までにニキビをキレイにしたい

顔にできたニキビを隠す

「もうすぐ入社式なのに、ニキビがすごくできちゃった。」

ちょうど季節の変わり目は、もともとニキビが出来やすい時期。しかも新しい新生活がスタートするので、ストレスもピーク。メイクも今までとは違い、気を遣いますね。

そんな時こそ、ニキビに要注意です。ちょっと油断をすると、肌荒れになりニキビが思わぬくらいできてしまいます。

会社ではエアコンの影響なのか、乾燥肌にもなりやすくなります。

メイクで隠すと悪化するのがニキビの特長

社会人をスタートさせて、大人の仲間入りしたのでメイクも決めよう。

そんな想いが空回りするのがニキビ。

ニキビ菌が喜ぶのは、油たっぷりのメイク。できるだけメイクで長く毛穴を塞いでくれれば、増殖しやすい環境が整います。ニキビは油が大好物で、しかも暗くて酸素が少ない環境の方が大好き。

よりきれいに見せるはずが、肌トラブルを起こしてしまっては本末転倒ですね。

社員研修ならまだ許されるかもしれませんが、お客様相手のお仕事だったら、ニキビ顔はマイナスポイント。なるべく早くケアして、ニキビ顔を治したいところ。

肌トラブルを回避するには

痛んだ肌は、帰宅してから出社するまでの間にケアして、お肌を休ませないと翌日また負担がかかり、どんどん肌荒れが進行します。

そこでもっとも大切なのが洗顔と肌の保湿

帰宅したらできるだけ早く、毛穴から皮脂やメイクを取り除いて保湿をしっかりすると、肌を守ってくれるバリア機能が再生しやすくなります。

嫌みを言われた女性

これまであまり対策をしたことがない人は、洗顔と保湿を十分に行いましょう。それだけでかなり改善できるようになるはずです。

食生活も大事ですが、基本は洗顔と保湿がポイント。
こちらの記事を参考に>>洗顔と保湿

第一印象から査定は始まっている!

社会人になると、自分の体型や顔などの身だしなみの対応力も、実力の1つとして見られる可能性があるのも事実。

たかがニキビ1つかもしれませんが、お客様との接客では悪い印象になってしまいます。ニキビケアなどは、見つけ次第すぐに対処したいものですね。

肩のフケや服のよれは厳禁ですが、肌あれはさらに目立つので、早め早めにケアして第一印象アップで減点を回避しましょう。

かといっていきなり、エステでニキビを治そうと思わずに、まずは基礎的なケアから始めるのが良いでしょう。

基本のニキビケアは2つ

  • 洗顔
  • 保湿

どんなに忙しくても、この2つはしっかり実践しましょう。

 

仕事を覚えるだけで精一杯の時期ですが、週末はストレス解消を心がけましょう。過度のストレスは、学習能力も低下して悪循環に陥りやすい。

どこでまずは、簡単なご褒美を自分にあげてください。週末のランチでも良いですし、お給料をもらったら洋服を買うなど、身近な目標を設定して楽しみを作りましょう。

ちょっと洋服やランチは難しいな~という人は、海のビーチの波の音をかけるだけでも、アルファ波がでてきてリラックスモードに入れます。

入社前、入社してからもニキビは出来やすいので、以上のような事に注意して取り組んで下さい。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告