妊娠したら栄養不足|ニキビケアも必要になるバランスの問題

妊娠中のニキビ

 「ついにできた!」

待望の赤ちゃんの誕生が待ち遠しいですね!
これからは体調管理は二人分、気を付けなくちゃ。

うれしさの反面、肌トラブルが襲いかかってきました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

妊娠したらニキビが広がった!

私は肌はどちらかというと美肌だったのに、妊娠したらあごや背中、胸にまでニキビが広がり始めました。そういう経験をされた方も多いのではないでしょうか。

背中ニキビ

ここまでニキビが体中に広がったのはある理由があったと考えられます。

原因の1つに、つわりで気分が悪くなり、食事があまりのどを通らなかったことも影響しています。もちろんつわりの時期を抜けても治りませんでしたから。

別の原因もあります。

栄養不足とホルモンバランスの乱れ

妊娠するとホルモンバランスが乱れ、それが原因で肌が痛んだり精神面でも不安定に。

生理前なら命の母なども活用できますが、妊娠(初期)の場合は、母胎の事を考えると注意が必要で、風邪薬1つとっても医師の判断が必要ですね。大抵はNGですが…

ストレスとリラックス

大事なのはストレスを減らすこと。イライラしていると母胎ともに影響が大きくなります。

とくに初めての妊娠は不安で一杯でから。心配事が多くなると、ストレスが増すのは仕方がありません。そんなときこそ、リラックスして気分を落ち着けるのが一番です。

「そんなに落ち着いてなんて、いられないわよ。」
その気持も分かります。でも安心してください。

いままで美肌の人が、妊娠してから肌荒れなどでニキビが気になるなら、出産後には綺麗な肌に治っていくと思います。というか、ほとんどの場合は元通りの肌になります。

もしそうじゃなく、慢性的なものだったら、食生活を改善するのが大事になります。

食生活の工夫

私は一人目の時に、食べ過ぎて体重が増加して戻らなくなった時期があり、二人目のときは必要以上に増えないように食生活を工夫しました。

お腹の赤ちゃんのために、過度な摂取カロリーは抑えつつ栄養素を取り入れるようにしました。

天然成分を含んだ野菜

ビタミンやミネラルを多く摂取すると、脂肪の燃焼を助けてくれるのですが、ストレスが多いとそれだけ多く消費されるのをご存知ですか?

栄養素が不足すると、燃えるハズの脂肪も燃焼しづらくなります。例えばバーベキューをする時に火を燃やすのに、酸素が少なければ燃えづらくなります。いくらマッチやライターで漬けようとしても燃えません。

栄養素も脂肪の燃焼には必要になります。それに胎児にも栄養素をくらなくちゃいけませんから。必要なのはカロリーだけではなく栄養素です。それが足り無くなると、お肌への影響も大きくなります。ホルモンバランスだけの問題ではありません。

そこで栄養のバランスが気になる人は、妊娠中や産後も飲んでOKな、天然成分から抽出されたミネラルやビタミンをベースにしたものは安心です。

100%天然成分の葉酸を含む27種ビタミンミネラルにDHA&EPAも配合【美的ヌーボプレミアム】

妊娠中の栄養補給の失敗例

もともと私はサプリメントやドリンク剤などは好きではありませんでした。というのも体に入れるものは自然な食べ物が一番だと考えていたからです。

だからダイエットをするときも、栄養素をたくさん摂取するために、緑黄色野菜もたくさん食べるようにしました。

その結果、カロリーがオーバーしてしまい体重が減るどころか増えてしまいました。野菜も例えば、かぼちゃなども栄養素は豊富ですが食べ方によってもカロリーが高くなります。

果物も酵素が摂取できるので毎日、りんご1個とバナナなどを食べていたのですが、栄養管理士さんに食べ過ぎと言われてしまいました。

食べ過ぎというのは、ご飯を減らして果物を多く食べていたので、栄養素のバランスが悪くなるからです。栄養の偏りは良いことないですね。白米にも食物繊維やビタミンが含まれているからです。

ご飯 = 糖質 = 太る。

そんなイメージがありますが、それは間違っています。それなら昔から日本人は肥満、メタボが多いはずですからね。

大切なのは、妊娠初期にできるだけ早めに、気になるところのニキビケアのために栄養素を取り入れることです。

バランスのよい食事をしつつ、不足気味の栄養素を補うのは、カロリーを押さえて必要なものを摂るには大切なことだと思います。とくにストレスが多い人は多めに摂った方が良いでしょう。

もちろん美容液や洗顔など、外からの対策や予防も大切です。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする