妊婦さんの肌荒れニキビの基本ケア

 妊婦

妊娠すると食生活が乱れがち。そのせいか吹き出物が、ブツブツできてきたような気がします。

この段階で早めにケアすれば、大事に至らずにすむのに、ちょっとくらいと放置していると、どんどん肌トラブルが大事になってきます。

たしかに妊娠初期はつわりが大変で、食事も簡単に済ませたくなりますね。
せめて家族が、もう少しフォローしてくれたら良いのに…。

とはいえ肌ケアはご主人には無理なので、自分でするのが基本。エステに通えれば良いかしれませんが。

そこで最低限、妊婦さんが実践できるニキビケアについてまとめました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

洗顔の基本

洗顔と泡立てた石けん

サプリなどは、この時期は敬遠したくなりますので、改めて言うことではないかもしれませんが、洗顔は皮脂(あぶら)を取り除くため、泡立てた石けんを使いぬるま湯で洗うのが基本。

ここで注意が必要なのが最初の1回目。いくらぬるま湯を使っても最初の1回目は、手の平が冷えているので、そのまま洗顔すると毛穴が広がらずに締まることも。

まずお湯で手の平を少し温めてから、ぬるま湯で洗顔しましょう。これが以外と大切なんです。もし水で洗っている方はすぐにやめましょう。

寒いとキュッと毛穴が締まってしまうので、それだと余分な皮脂やよごれが排出できません。ぜひ、手を少し温めてから洗顔しましょう。>>洗顔後の保湿

洗顔だけではなく、食事生活も見なす必要があります。

食事の基本

肌荒れは、もちろん妊娠したことによるホルモンバランスが大きく影響しています。でも肌がきれいな人もいます。そういう体質なのだと見過ごしていると肌は改善しません。

「美味しいものを食べられると良いのだけど。」

でも安心してください。

食欲がないときは、甘いものも食べられないので、むしろニキビには良いことです。糖質を多く摂りすぎると毒素が貯まるという方もいるくらいです。そういう時は栄養をしっかりとればOK。

糖は分解するのに、栄養素をたくさん使ってしまうので、肌荒れしやすくなるからです。大きな勘違いはカロリーをカットしても、栄養素は減らしてはダメなことに気づかないこと。

栄養とカロリーは違います。

カロリーはお砂糖をなめてもカロリーは摂取できます。

甘い物と栄養素

でも糖質しかないので栄養はほとんどありません。黒砂糖ならまだ良いのですが。

一方、栄養はカロリーとは直接関係ありません。たとえばビタミンC。いくらビタミンCを摂取したかといっても、それでメタボになることはありません。

カロリーと栄養は全く別です。

ダイエットで失敗する人も、カロリー制限しているつもりが栄養制限しています。ダイエットで栄養素まで減らしていませんか?

大切なのは栄養素です。

ビタミンやミネラルは、とても大事で皮膚を作ったり脂肪を燃焼するのに不可欠です。

それを摂らずに食事制限するから、肌あれになったり顔色が悪くなります。

つまり栄養素をしっかりと摂取することが、肌トラブルの予防になります。まだ始めていない人は、栄養素を摂ることでかなり改善されます。>> 妊娠ニキビケアの必需品 天然成分

まとめ

お湯で洗顔することや、カロリーは減らしても栄養素は減らしてはダメ。

間違ったケアをしていると、お肌がボロボロになってしまい、友達よりも早く老化してシワが増えてしまうので、いまからしっかりとケアしましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする