汗でニキビが悪化するならこちら!

季節外れの夏日は、体への負担も増してしまいます。さらに、湿度が高くなる梅雨時期から夏にかけて、汗をかきやすくなりますね。

この時期、お化粧が崩れやすく、メイクの状態も気になります。でも、もっと気になるのがニキビが悪化すること。背中などの汗もニキビ菌のエサになるかも。

そこで汗でニキビが悪化する場合の対策についてまとめてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

汗の種類に問題あり

悪い汗

汗は体温を下げる大事な役目を果たします。もし暑い日に汗をかかなければ、熱が体にこもってしまい倒れる危険があります。しかしかく汗の質が問題です。

ベトベトした悪い汗

たとえばサラサラした汗と比較して、ベトベトした汗は塩分などのミネラル分も多く排出されているので、体内のミネラルの濃度が低下して、熱中症のリスクも増します。

特に汗を余りかけない人は、体温調節もできずにバタッと倒れてしまうケースが多くなるようです。

普通は汗をかくと、水分を出してミネラル分を回収して、濃度が低くならないように調節しているのですが、普段から汗をあまりかかないと調整機能(汗腺の機能)が低下してしまいます。

この汗が、ニキビの原因となるアクネ桿菌にも、影響がでてくるのは予想できると思います。

水分だけよりも、栄養が多い汗の方が菌も繁殖しやすくなるからです。汗臭いと感じた方も、雑菌が繁殖しやすくなっていてるのが原因の1つです。

良い汗をかいてニキビ予防

良い汗

汗腺の機能が低下するのは、普段から汗をあまりかかない生活をしているからです。

エアコンがない時代は、暑くなれば汗をかいていました。しかし今は、リモコンのスイッチを押すと、涼しい風がでてきて汗はすぐに引いてしまいます。

特に休日はどこにもいかず、家の中でゆっくり過ごす機会が増加しています。そうなると、ますます汗をかかなくなります。

急に外出すると、その温度差が大きく体への負担も増加します。また食生活も影響しているといわれています。

そこで良い汗をかく良い習慣があります。別に無理して激しいスポーツをする必要はありません。まずは体を慣らすところから始めましょう。

たとえば夏場でも、38~39度くらいの少しぬるめのお湯にゆっくり浸かることです。半身浴で構いません。

半身浴

10分以上、ゆっくり浸かり湯船で汗を流します。シャワーで済ませたくなりますが、良い汗をかくために取り入れてみてはいかがですか。

野菜ジュースで栄養素の補給

汗をかくと、どんなに良い汗を流しても多少はミネラル分が減少します。また体調が悪くなると食欲が低下して、栄養素も減ってしまいます。

こんなときは、飲みやすい野菜ジュースがおすすめ。

酵素ドリンクを飲む女性

  • ニンジン
  • ブロッコリー
  • トマト
  • バナナ

などで手作りも良いでしょう。ブロッコリーやニンジンは、電子レンジでチンしてからジュースにすると飲みやすくなります。

面倒だと感じたら、女性の方を中心にダイエットで人気の酵素ドリンクを試してみるのも良いでしょう。

参考:酵素ダイエットを成功させる食事の取り方のポイント!

日焼けにも注意して下さいね。
SPF50やPA+++の意味|紫外線から身を守る日焼け止め最新情報

ニキビが治らない時

ニキビケアをして治らない場合、皮膚病も疑ってください。カビなどが起こした皮膚炎の可能性もあります。

女医さん

皮膚の常在菌で『マラセチア』という菌が、ニキビに似た症状を引き起こしている可能性もあります。

このマラセチアは、汗などをエサにして増殖するのですが、正体はカビの一種。

本来は、汗に含まれている抗菌タンパク質が、アクネ桿菌やマラセチアの繁殖を抑えているのですが、汗に含まれる抗菌タンパク質が減少すると、菌の増殖を許して皮膚に炎症を起こしてしまいます。

原因が分からず治らない場合は、すぐに皮膚科など専門医に相談して適切な治療を受けるのが安心です。

以上のことを参考にして、汗でニキビが悪化しないようにケアしましょう。

汗とニキビ対策は、下記も一緒に読まれています。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする