【警告】ニキビを治す食べ物は危険!?

ニキビを食べ物で治すのは危険です。

まず第一に食べ物で治すには、時間がかかり過ぎます。お肌に良い成分は、食物にはわずかしか含まれていないから。

薬ではないので成分にもばらつきが多く、野菜や果物も季節によって、含有する成分が半分以下ということもザラにあります。

しかもある理由で体を壊してしまいます。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

ニキビを治す食べ物の注意するポイント

果物は危険

  • 女子栄養大学生物有機化学研究室のデータによれば、たとえばほうれん草のビタミンCは旬とそうではない時期とでは、4倍近い差がありました。※注1
  1. 自然な食材は、かなり栄養素にばらつきが多い。
  2. 期待通りの栄養素を摂取できない
  3. 調理の仕方によっても栄養が大きく変化する。

薬効を期待して、一生懸命に食べても予想よりも効果がないばかりか、カロリーオーバーで太ります。

それでも食事で治したい方はこちらを参考に>>意外な結果!ニキビにいい食べ物は本当に効果がある?

成分だけではなくカロリーにも注意

困った女性

ニキビケアのために野菜ジュースを飲む方もいますが、自作のジュースは要注意です。

野菜ジュース単体だけなら良いのですが、飲みづらいのでリンゴを加えるとカロリーが多いのでダイエットしたい方は、りんごは1日1/4~1/2くらいまでにすれば、摂取カロリーを抑えられます。

朝昼晩と飲むなら、あとの2回は、青汁など低カロリーのものを飲まないと、果物に含まれる果糖で糖尿病のリスクも高めてしまいます。

カロリーが高すぎる

平均的なりんご1個のカロリーは200kcal前後。甘さが際立つりんごなら、さらにカロリーが多いかも。

ご飯をお茶碗に1膳食べると240kcalですから、意外と多いのが分かると思います。

しかも腹持ちが悪く、お腹が空きやすいデメリットもあります。 ニキビを治すために果物入り野菜ジュースを飲むなら、1日に飲むジュースのカロリーも把握してください。

サプリや酵素ドリンクが人気なのは、カロリー面で有利だからです。

栄養面の偏りでニキビや吹き出物が増加

これだよ

ニキビや吹き出物ができる要因の1つとして、栄養の偏りが指摘されています。

チョコレートなど甘いものを多く食べると、糖質が体内に多く入り、それを分解するために栄養素が必要以上に消費されるので、お肌へまわる栄養が不足すると考えられます。

ニキビを食事だけで治したいなら、食べ物の種類だけではなく、その時期の栄養を考慮に入れないと、計算通りにはいかないでしょう。

食べ物でニキビを治そうとしたけど、思う様な結果が得られない方は、品質がしっかりと管理され、手軽にニキビケアできる基礎化粧品もあります。

※注1 参考文献:論文(日本食品保蔵科会誌 VOL.23 NO.1 1997〔技術報告〕 冷凍あるいは凍結乾燥処理した野菜・果実中のビタミン含有量に及ぼす通年貯蔵の影響 辻村卓、荒井京子、小松原晴美、笠井孝正 他)

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする