治るニキビ跡と治らない痕

治るニキビ跡・治らない

ニキビ跡(痕)にも、治るものと治らないニキビ跡があります。

治るニキビは、跡が比較的、浅くてどちらかというと、色が赤くなっている感じのもの。治らないのは、お笑い芸人の凸凹の顔の方のように深いニキビ跡の場合。

この2つの違いは穴の深さ。

深いと細胞の再生する組織が、一旦破壊されて元に形に修復されないです。でも治す方法もあります。浅いものは、切り傷と同じで、ほぼ綺麗に元の状態に戻ります。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

自然には治らないという意味

深いニキビ跡は、自然には修復されませんが、治療によってかなり元通りに治すことができます。ニキビの専門医のいらっしゃる皮膚科や再生が得意な先生なら、かなりきれいな肌に修復してくれます。

とくに治らないと思われていたニキビ痕は、長期間かかる場合が多いので値段などで決めるのではなく、評判や実際に診察を受けた応対など総合的に判断された方が安心です。

ここまでくると、美容整形の分野に入っていくから。それだけニキビ跡は、肌へのダメージが大きい証拠。

自力で改善しない場合でも、専門医に診てもらう前に少しでも良くするために、ニキビ跡に良いと人気の化粧水を活用するのも1つの方法です。

参考 ニキビ痕専用導入型化粧水 

どの程度まで治せるのか?

治るニキビ跡はどれくらいまでなのか?

実際には試してみないとわからないですが、自分では無理だと思っても、個人差も大きいので修復能力が高いと、かなり綺麗に治る場合もあります。

メイクをするという前提なら、ほとんどのニキビ痕は目立たなくなるでしょう。

専門のお医者さんのところでも、すっぴんで赤ちゃん肌にしろと言っても、それはさすがに100%はあり得ないので、そのあたりは注意してくださいね。専門医によって、かなり技術に差がある可能性があるので、口コミ情報などだけでは見極めが難しいかもしれません。

下記のビデオでニキビ治療の可能性感じると思います。

参考ビデオ

年齢の影響

ニキビは、大人ニキビと言われるくらいで、10代だけではなく、40歳前後くらいまでは十分にニキビができてしまいます。

若いお肌をされているほど、皮脂の分泌が多くていつまでもニキビが出来やすいかもしれません。嬉しいような悲しいような複雑な心境になるかも。

だからこそ予防をしっかりして、繰り返しできないようなケアが必要です。特に正しい洗顔が求められています。

ニキビ跡は諦めずにケアすることが大切です。化粧品も日々進化していますし、医療技術もどんどん進歩しています。いまは無理でも数年後には、完全に治せるようになっているかもしれないので、諦めにそれ以上、悪くならないようにするのも大切です。

悪化しないようにする

早く治すためにも、これ以上の悪化は防ぎたいもの。

ニキビ跡に紫外線が当たると、色素沈着といって、シミやソバカスの元になるので肌の悪化を促進させてしまうので、日頃から日焼けしないように注意しましょう。

紫外線の日焼け予防

昭和の時代は、紫外線は健康的に肌を焼いているようなイメージですが、現在は全く違います研究がすすみ紫外線が細胞を破壊していることがわかっています。

紫外線が細胞を破壊して遺伝子情報を壊し、生物が進化した原因の1つとも言われています。しかしその裏で、死滅して締まった種もあります。

女性によって紫外線は悪と言えるでしょう。日焼けは厳禁。そのつもりでしっかりとケアしましょう。

まとめ

治るニキビ跡は、ニキビ痕専用導入型化粧水 を活用しつつ、自分では治せない深いニキビ痕は、皮膚科の専門医に相談するのが近道です。

そのためにも、これ以上ニキビが増えたり酷くならないように、できる限り洗顔や化粧止水などを活用して基本的なケアは続けましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする