内蔵とニキビの深い関係

内蔵の絵

 内臓が弱っているとニキビができやすくなると言われています。

その理由は、たとえば消化器系が弱っていると、食べた栄養素の吸収力が低下してビタミンなどが吸収しきれない。そうなると肌への影響はでてきますね。直接的(内臓不調≠ニキビができる)ではありませんが、間接的な関係にあると言えそうです。

内臓が弱る時

暑い日に冷えたビールを飲むのは、とても美味しいものです。しかし冷たい飲み物は、内蔵を冷やしてしまいます。体温が低下すると、内臓の働きも低下して弱っていると考えられます。女性の場合、冷え症になって太りやすい体質になって悩む人も多い。

消化吸収力も低下するので、お肌へ悪影響を与えるでしょう。

内臓の働きを高めるために

消化器官のダメージは、極力避けたいものです。真夏でも冷たいものは出来るだけだけ、温か買いお茶などを飲むのがベスト。

食欲が落ち気味の時は、少ない食事で最大限、栄養素を取り込めるようにします。体が疲れた時ほど、自分の体温よりも冷たいものは避けた方が無難です。その点、温かい生姜紅茶などはおすすめ。

紅茶

お風呂もシャワーではなく、お湯にゆったり浸かり体の芯から温めて、基礎代謝を上げて体の働きを正常に戻す手助けをしてあげてください。お肉よりも消化が良く、タンパク質を多く含んだお豆腐を湯豆腐で、ポン酢で頂くもよいでしょう。

クーラーも冷えすぎには注意したいので、設定温度は少し高めの28度程度が良いでしょう。このような対応は、ダイエット効果も期待できるので、積極的に取り組みたいものです。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告