眉間のニキビができる原因と対処法ベスト3!

「眉間にニキビができてる。」

朝起きて鏡をみて気がつきました。最近、あちこちにニキビができて気になっていましたが、ついにこんなところにまで・・・

でもなぜ、こんなところにまでできるのか気になって原因と、治すにはどうしたらいいのか調べました。そのおかげなのか、いまでは綺麗に治りました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

 眉間のニキビの原因

見つめる女性

調べて分かったことなのですが、眉間のニキビができる原因の中には、意外なものも含まれます。眉間にニキビができる、見逃してしまうポイントなどについて紹介します。

まず眉間にニキビが出来やすいのは、毛穴からの皮脂の分泌が多いから。皮脂は人が皮膚を守る為に脂。ワックスのようなものです。

だから皮脂をなんとかすれば、肌をきれいなもとの状態に戻せます。

ホルモンバランスが大きいのですが、成長期のコントロールは困難ですので、ここでは原因からは除外してもかまいません。

洗顔不足

眉間のニキビ

まず、何をおいても洗顔不足です。
「私、しっかり洗顔してますけど」

確かにされていると思います。私なんて1日に何回も洗顔していたのに出来たのですから。そこで思いあたるのが、他の方よりも皮脂の分泌が多い体質だということ。

つまり洗顔をきっちりしても、落としれていない可能性が高いということなんです。体質による個人差は予想以上に、ニキビでは大きいです。(※注 洗顔は朝と夜の2回で十分です。)

その理由を調べたら、こちらの報告書に書かれていました。

【東京家政大学生活科学研究研究報告 第28集・ p~ー~4, 2005】の『皮虐の洗浄に関する研究一(第3報) 皮脂分泌速度の検討』の研究発表でも、皮脂を分泌する皮脂腺や分泌する速度などにも個人がかなりあることがわかります。
簡単に説明すると皮脂の分泌量自体は、思春期でもそれほど多くはなくピークは二十歳くらいですが、皮脂を分泌する皮脂腺や、毛穴の成長が未熟なために、毛穴に詰まりやすい状態になります。
 
そのため大人の人よりも、しっかりと洗顔をする必要があります。男性の場合は、クレンジングなどをあまり使わないので、より重要度が高いでしょう。
 
思春期は、小学生の高学年から大学生までの期間にできやすい。また大人になってからも吹き出物が、ニキビだと認識されはじめてから、対策が取られるようになりました。

それだけではありません。シャンプーも原因の1つだったのです。

髪の毛とシャンプー

女性に限らず、前髪が眉間まで伸びている方は要注意

シャンプーやリンスが髪の毛をつたって、眉間にまで達して毛穴から中に毛細管現象で入った可能性があります。そうなるといくらしっかりと洗顔したところで、そう簡単には落とせない。もちろん整髪剤などもその要因の1つです。

シャンプーは泡タイプよりも、粘度が高いものを使われていると思いますが、直接毛穴に触れると、詰まりやすいので、髪の毛や頭皮をしっかりと水分で膜を作ってから、馴染ませて髪を洗うように心がけましょう。

シャンプーを手にとって、しっかりと泡立ててから使うようにすると防げます。

手洗い

ちょっとしたことですが、これだけで改善されるなら注意してみる価値はあります。

メイクも眉間ニキビの原因

nikibigao_150

大学生になると、おしゃれを普段からされると思いますが、メイクも大きな要素の1つ。

まだお化粧を始めてから日が浅く、どの程度のメイクが自分に合っているのか、手探りな状態だと思います。

そうなるとメイクをし過ぎたり、クレンジングで落とさないまま寝てしまったりと、ニキビ菌を増殖させているようなもの。忙しい主婦も鏡に向き合う時間がないので、同様のことが言えるのではないでしょうか?

ニキビは化粧品の脂も栄養分にして増えていく、たくましい細菌です。

このように眉間のニキビの原因は複数あるので、1つずつ確かめながら対策をとる必要がありそうです。面倒かもしれませんが、スキンケアに手抜きは厳禁ですので、しっかりとニキビケアをしましょう。

そこで私が頼りにしたのがこちらの洗顔石けん。

参考 ニキビ専用洗顔石けん

ニキビ洗顔

洗ったらすぐに保湿

私は失敗しました。せっかく石けんで皮脂を落とすまでは良かったのですが、そのあとの保湿が手抜きでした。

顔を洗顔したら、タオルで水を拭き取ると思いますが、そのときに乾いたタオルで拭くのは避けてください。

少しタオルを湿らせてから拭き取ります。

カラカラに乾いたタオルで顔をこすると、肌を傷めてしまうからです。湿ったタオルを顔にあてて、吸い取るようにしましょう。これは髪を拭く場合でも同じです。

もしどうしても乾いたタオルで拭き取りたい場合には、ふわふわの 吸湿性の良いタオルを使ってください。今治タオルは少し高いですが私は、あのふわふわ感が好きです。

その後、すぐに化粧水で潤いを肌を守ってください。これをしないと、肌がすぐにカサカサになって皮脂が分泌されやすくなります。その後の保湿クリームも忘れずに。

まとめ

肌質は個人差がありますが、洗顔をきっちり行ったら、すぐに保湿は忘れないでください。

顔が脂でテカテカしている方こそ、洗顔をきっちりした後の保湿は欠かせません。ぜひ、早めに眉間のニキビを治してください。

補足:前髪が眉間にかかっている方は、前髪をかからないように上げるのがベスト。

隠すように髪を伸ばすと、眉間に髪の毛が当たってそれが刺激で赤くなり痛みを感じることもあります。くれぐれも刺激は減らしましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする