救世主なの?ニキビ跡の黒ずみにビタミンCがカギ!

レモン「こんなところまで黒ずんでる。」

ニキビを早く治さないで、そのまま放置していると黒ずんで目立ってきます。鏡を見るのも嫌になります。(専門用語で、色素とか色素が沈着したという表現もされます。)

黒ずみができる原因は、ニキビ痕に残る皮質や角質が酸化するから黒ずむと考えられています。そこで酸化を防ぐ、抗酸化作用が期待できるビタミンCがいま大注目。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

 ビタミンCは黒ずんだ皮膚の救世主!

黒ずみ

ビタミンCが黒ずみを治す為の鍵となる成分です。

ニキビ跡にできたシミを薄くする作用があるので化粧品に活用されています。目立つ黒ずみは、ビタミンCの抗酸化作用で、早く治したいもの。

以前は刺激性があるという欠点もあったのですが、敏感肌の人でも保湿成分や刺激を抑える成分なども配合され、とても使いやすくなりました。これはかなり助かります。

レモンの汁を塗っても効果なし

ビタミンCは何となくレモンの酸っぱいイメージがありますが、お肌には欠かせない成分。

私自身、ビタミンCを多く摂ると、手の肌が若返ったように感じたのが始まりで、それ以来、ビタミンCは積極的に摂るようにしました。だからビタミンCは積極的に摂取して欲しいと思います。

「それならすぐにサプリを飲もう!」

「いえ、ちょっと待ってください」

サプリメントは、濃度が高いものは摂りすぎると鼻血で出来る人もいる(私自身)ので、化粧水など肌から吸収させるのが安心です。

それに食品やサプリで摂取しても、黒ずみの肌に届くかは別の問題です。そこで直接、狙う皮膚から浸透させることができれば効果も期待できます。

保湿成分のヒアルロン酸やセラミドが入った乳液やオールインワンなどもあるので、お肌に合わせて上手く使い分けるのがポイント。

もちろんそれらは、すぐに黒ずみがどうこうなるわけではなく、それなりに時間がかかります。明日デートというような緊急の場合には、ニキビ跡を消すおすすめコンシーラーで応急手当が一番。コンシーラーはいざと言うとき頼りになります。

サプリメントも飲むなら、食事の直後に飲むと、黒ずみの濃さが薄められます。実際、私はシミも薄くなったように実感しています。

ニキビは進行する

黒ずみを放置してはダメ。ニキビは進行するからです。

最初は白くてあまり分からないですが、徐々に進行していくと、やがて赤く炎症を起こして膿んでくると、ニキビ跡が残るようになります。

個人差もあり、見た目は様々ですが色も変化します。

  • 赤み
  • アカ黒
  • 茶色
  • 紫色

などシミは、状態によって変わります。どれも避けたいのが本音。

そのまま何もしないで放置すればやがて、黒ずんだ色素が残ります。中には何年も治らずにそのままの人も。

早めに手を打った方が後々の肌の状態も良くなりメイクのノリが良くなります。でもこれが結構、やっかいです。しかし、近年、その問題も改善傾向にあります!

紫外線は黒ずみを増やし悪化させる元凶 

紫外線と暑い

皮膚はニキビ跡だけではなく、紫外線の影響も大きく受けます。そんな時には、美容液が色素沈着のケアで活用されています。

すでにニキビが治まっているのに、赤みが残り、さらに紫外線を浴びると細胞が劣化してやがて老化がすすみ、女性の敵、シワになります。それを防ぐには、元の黒ずみやニキビ跡は美白と美容液でケア するのが最適。

紫外線は極力さけて、それ以上に黒ずみを定着させないように対策は万全にしましょう。ここでもビタミンCが有効に働きます。

エイジングケアにも限界があるので、目立つ黒ずみがある場合は真冬でも光対策は欠かせません。手抜きは、夏場になってダメージが拡大する元。くれぐれも肌は大切に。

参考 日焼け対策は不十分!?帽子と日傘は最強アイテムとその理由!

食事でビタミンCを摂ると黒ずみが改善される

サプリが手軽なのですが、黒ずみを食事でも改善することが期待できます。

メリットとしては、ダイエットにも良い効果が期待できます。ビタミンCはシミを薄く消してくれるだけではありません。

痩せるのには代謝を促進させる必要がありますが、それにビタミンCが深く関わっていることが分かっています。むくみが取れて疲れにくくなったという報告もあります。

黒ずみの目的だけで活用するのはとてももったいない。ダイエット効果も期待して、化粧品で外からと内部からケアしたいものです。

まとめ

いまある黒ずみはビタミンCが有効に働いてくれます。ただし普通のビタミンでは効果は限定的。そこでビタミンC誘導体がカギになります。

詳しくは下記の記事を参考にしてください。

詳細 ニキビ跡は美白と美容液でケア

悪化させないためには日焼けに注意して、普段の食事でビタミンCを含む食事を心がけ、黒ずみを緩和して増やさないようにできます。こちらも参考に。

参考 子供の野菜不足がニキビの原因に?嫌いを解消する簡単な方法

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする