口内炎ができるとニキビもなりやすい理由とは?

口内炎

口内炎が出来やすいと、ニキビにもなりやすい。
口内炎はビタミンB2が不足すると、口の中の粘膜の働きが低下して雑菌などに冒されやすくなります。

ビタミンB2は痛んだ細胞を入れ替えるために細胞分裂を活発にしてくれる働きがあるので、不足するといつまも痛んだお肌が産まれ変わらない。

口内炎が出来やすいと、ニキビが出来やすくなるのも理解できますね。つまりビタミンB2は美容には欠かせない成分だということが分かります。脂質の代謝も促進されるので、ダイエットにも良いですね。美容全般に良い成分だとわかります。

ビタミンB2の入った食材

豚や牛レバーなどに多く含まれています。納豆やうなぎなどにも含まれているのですが、価格面を考えると、納豆は家計にも優しい食材といえそうですね。

納豆

過剰な摂取をするほど食材から摂るのは難しいので、普通に食事をしている分には全く心配する必要はありません。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

早く口内炎を治す方法

まずは、私も活用しているチョコラBBを試してください。

口内炎の対策商品を楽天市場で詳細を見る。

体質的に効果がない方もいらっしゃるようですが、使ってみないとわからないです。私は良かったので参考に紹介しています。

口内炎を治す方法は色々ありますが、飲み薬、貼り薬などが一番効果的だと思います。その他、食材などを食べたり、睡眠などで治す方法はかなり時間がかかりそうで、私は痛くてとてもそんなゆっくりとした方法はできませんでした。

気になる関連記事
合コンでニキビ顔はキツイ

バナナを食べるのも良さそうです。
バナナでミックスジュースは栄養ドリンク剤

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする