【警告】コレステロールの有害性とニキビの深い関係

油

コレステロールを多く摂取すると高脂血症という恐ろしい病気になります。有用な面もありますがニキビやお肌にとっても有害

そこでこの記事では、ニキビケアと肌に悪影響を及ぼす、コレステロールの基本と摂取量を減らすための食事の工夫などをまとめています。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

死に至る危険な物質

コレステロールは、善玉と悪玉がありますが、大きな問題となるのは悪玉。

悪玉コレステロール(LDL)が多いと、高脂血症という恐ろしい病気に。この病気になると、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞。最悪の場合は死に至る危険な物質

ステーキ

西洋料理など肉を中心とした食事が中心になると、必要以上の量が体内に入り処理しきれなくなってきます。だから海外でもヘルシーな和食が人気になっています。

しかし悪いことばかりではありません。問題になっているのは、必要以上に摂りすぎるから。コレステロールが無ければ、人間は生きていくことができない有用な成分の側面も持っています。

ただし私達が普段食べている日本食であれば、必要なコレステロールは十分に食事で取り入れることができます。取りすぎには十分に注意したいものです。

コレステロールの役割

細胞

コレステロールは、細胞膜やホルモンに必要な材料です。消化吸収や免疫力にも必要不可欠な物質。つまりコレステロールがなければ、人間が生存することができない重要な成分。

さらにホルモンの材料にコレステロールは欠かせない成分です。糖質の代謝にも影響を及ぼすので、ダイエットにも不可欠な存在。コレステロールと肥満は理解できますが、これは意外ですね。

つまり過剰な摂取はダメですが、完全に絶つような食事は逆にNGと言えそうです。あまり極端な食生活は、何らかの影響を及ぼすので食事はバランスが大切です。

健康診断で数値が高い人以外は、過度に避ける必要はありません。

お肌とコレステロールの有害性

ニキビと食生活は、密接に関連しています。

例えば・・・コレステロールを摂りすぎると、肌は皮脂が増加してその皮脂が酸化すると過酸化物質に変化します。

この物質は、肌の細胞を傷付け女性の大敵、シワや色素沈着など引き起こします。酸化を防ぐには、抗酸化作用のあるビタミンCなどを摂取して防ぐことができます。

肉食や油を多く使って調理されたポテトフライなど、ファーストフードを多く食べると、コレステロールが増加するきっかけになります。

皮脂が増えて、ニキビ菌(アクネ桿菌)も増加してニキビが増えてしまいます。

やはり油の少ない調理をしている和食が人気なのがわかりますね。コレステロールが不足すると肌の再生に影響がでますし、多すぎれば病気のリスクがますのでバランスが大事。

お肌に悪いコレステロールを下げると、老化予防や肌・ニキビケアなど利点が大きいです!

コレステロールが増えるとニキビの出来る場所

肌荒れ

主に皮脂が増加しやすい場所で、おでこや鼻、あご、Tゾーンなど。
胸や背中にも多いので、ニキビが出来やすい場所

主に皮脂を分泌する皮脂腺が多い場所で、ニキビや出来やすい傾向にあります。顔のテカリなどはその典型的なところです。余分な皮脂をあまり出さないようにするには、コレステロールを下げるのも1つの方法です。

皮脂の増えやすい食生活とコレステロールは関連しているので、ニキビとの関連性も深いのです。では次にコレステロールを下げるポイントについてお伝えします。

コレステロールを下げるにはどうすればいい?

悪玉コレステロールを下げる、4つのポイントに取り組めば改善されます。

  • 薬を処方してもらう。
  • 運動をする。
  • 食物繊維が豊富な寒天を取り入れる。
  • 食材を置き換える。

薬はかかりつけの医師に健康診断の数値を見せて処方してもらっていると思いますので、他の3点について、さらに詳しく解説します。

   米油でダイエット

最近、テレビや雑誌などで話題の、お米の米ぬかから抽出した米油はダイエットにも評判が良いので筆者も試しています。痩せにくい体質の方は、もしかすると酸化ストレスが原因の可能性があります。

私たちは身体に過度のストレスがかかると、蓄積された脂肪を燃やしにくくなります。つまりダイエットしても痩せにくいわけです。それを米油に含まれているトコトリエノールという成分が酸化ストレスから脂肪を燃えるようにしてくれる手助けをします。

そのすごい効果が期待できるので、トコトリエノールのことをスーパービタミンEと呼んでいます。

いま使っているサラダ油(オイル)を、米油に置き換えるだけなので簡単に実践できるので試してみても良いでしょう。ニキビの改善にもなりそうです。

有酸素運動

コレステロールは運動では下げられないという方もいますが、後ほど解説する食事とセットで考えています。

ウォーキング

適度な運動は健康維持に役立ち、脂質などを貯め込まないので積極的に取り入れたいものです。激しいマラソンなどの運動は必要ありません。有酸素運動というのは、軽めのウォーキングなどです。

1日1万歩、1時間くらい歩ければ良いのですが、忙しく時間が限られていますね。そこで普段、エレベーターやエスカレーターに乗るのを1階分、階段を歩くだけでも多少は酸素運動になります。まずは生活の中に少しでも体を動かす時間を増やすのが先決。

運動だけでは不十分ですので、食事の改善も簡単なところからでも良いので始めましょう。

食物繊維が豊富な寒天を取り入れる

ところてん

寒天などに多く含まれている食物繊維は腸内細菌のエサとなるだけではなく、LDLコレステロールや血圧を低下させる働きがあります。

血糖値の急上昇を抑える働きもあるので、ダイエットにも役立つ優れもの。毎食、加えたい食材です。しかもご飯を炊くときに、寒天の粉を入れておけば食物繊維も同時に摂取できるので、忙しい方にもおすすめ。

寒天は食物繊維の固まり。寒天は無色で無味なので、スープやおかずに入れても、主役を立てるので違和感なく食べられます。

※寒天は薬ではないので、病気の方は医療機関で適切な治療を受けて下さい。

食材の置き換え

コレステロールが多い食材と少ない食材があるので、食材を置き換えるのがおすすめ。

レバーなどは、非常に多いので避けたいところ。例えば豚肉のレバーヒレでは、4倍近くレバーが多いのが特長。つまり豚肉のレバーが好きな人は、ヒレに置き換えるだけで約1/4に摂取量を減らせられます。

コレステロールを下げる

1つ1つの食材を覚えるのは大変ですが、ニキビケアに関連するものでは、コレステロールを下げるために青魚(サンマ、アジ、いわし)に含まれているDHAやEPAを多く摂ると良いでしょう。

とくに自分が好きなものは食べる量が多いので、コレステロールが少ない食材に変更すれば、かなり効果が見込めます。

青魚

和食には欠かせない魚を、もっと積極的に食べるとカルシウムや記憶力のアップにも良いされる成分も多く取れるので良いことづくめ。

このように食べる量を減らさなくても、成分量を減らすことは十分に可能です。ダイエットなども同じ考え方で、食べないのではなく置き換えると、満足する量を食べることができます。

ニキビとコレステロールは、このように食生活と密接に関連しているので、食生活の改善で皮脂を減らし、ニキビ予防にもつながることがお分かり頂けましたでしょうか。

参考 ニキビの人はケーキを食べてはいけない!

参考 ニキビは睡眠不足が続くと悪化!注意する5つのポイント

お手軽なサプリメントも試してみると良いかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする