コラーゲンでニキビができる、それとも治る!?

コラーゲンでニキビが治る? 興味深い情報をみつけ調べたら、真逆のコメントを見つけました。

顔のシワが目立ってきたので、潤いを得るためコラーゲンを飲んだらニキビが増えた。

さすがにシワが消えても、ニキビができたら最悪ですよね。でも、なぜニキビができるのでしょう? ちょっと気になってさらに調べた事をまとめました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

コラーゲンは若返るからニキビができる?

顔の肌細胞はスイーツのミルフィーユや、地球の地層のような構造をしています。細胞の層も若い頃は厚みがありますね。

若い頃は、皮膚をコラーゲンなどで支えているのですが、年齢とともにコラーゲンが減少していきます。すると層が薄くなり、弾力がなくなってしまいます。

細胞とコラーゲン

30代後半くらいからコラーゲンが減少すると、弾力がなくなり顔を指で押さえても、バネのような跳ね返りが減って、ハリがなくなっていくのが分かると思います。

自然に放置していたら、徐々に衰えていきますが、不足したコラーゲンやヒアルロン酸を摂取して減った分を補い増やすことによって、また昔のような弾力を取り戻すことができるようになります。

もし若い頃の肌の弾力に近づけることができれば、もちもち肌を取り戻せるかもしれませんね。

ニキビが増えた気がする

問題はここからですが、コラーゲンを多く摂るとニキビが増えたという人がいらっしゃいます。

肌が若返ったから、ニキビができやすくなったのでは? 

なぜかというと、ニキビは若いからできるイメージだから。年を取るとニキビは治っていきますからね。さすがに60代でニキビに悩む人は知らないですよね。

さらに調べるとコラーゲンはタンパク質の一種で、細胞を作る材料として活用されるので、これまでは単純にタンパク質が不足していた可能性もあります。

つまりコラーゲンを補ってあげたから、細胞が正常に機能し始めたとも。そもそも次のような3点が、以前から問題のではないでしょうか。

  • 偏った食事
  • 間食の食べ過ぎ
  • 用法・用量以上にサプリメントの飲み過ぎ

体にいいからと単純な発想だけで、よくありがちなのが一部の成分のみを摂りすぎ。バナナダイエットやりんご飲みしか食べないダイエットなど、無理なことをされていませんか?

これでは、お肌の栄養バランスが崩れて、皮脂の分泌が増加してしまっても不思議はありませんね。でもこれ、私も思いたるところが>_<

結局、コラーゲンでニキビができたり治ったりするというよりも、栄養面のバランスで変わるということが分かります。

栄養バランスを常に意識

やはり栄養のバランスを崩すと、様々な肌トラブルの要因になりそうなので、サプリメントもしっかりと用法や容量は守る必要がありますね。思い当たるところばかりで、これをまとめながら反省しっぱなしです。

肌をいつまでも若く保ち、ニキビができないようにしたいですね。

それには栄養のバランスの良い食事を常に意識し、努力しないとすぐに老化が加速してしまうことがわかりました。

コラーゲンを食品で摂るには?

食品で摂るには、長期的に見る必要があります。

旅番組などで、スッポンはコラーゲンたっぷりなので良いと食されているのでご存知の方も多いと思います。

うな重

フカヒレ、ウナギなども多く含有していますが、高級食材を毎日食べるのは難しいですね。

そこでおすすめなのが、ゼリーや牛すじ、エビ、なまこなどの食材。ゼラチンなども良いようです。問題なのはカロリー。ここでもバランスが大事です。

コラーゲンは体内でタンパク質、アミノ酸に分解されてビタミンCなどを使って、再度、コラーゲンに合成し直されます。このようなことから、コラーゲンを食品だけで増やすのは効率は余り良くありません。

ピンポイントで増やすなら、ヒアルロン酸などを活用した方が手っ取り早いかも。特に注射なら即効性が高いので、得るための期間を天秤に掛けて手法を選んでください。

サプリメントは効率重視

サプリメント

コラーゲンの分子構造は大きく、体内への吸収率はあまり良くありません。そこで吸収性を高めたサプリメントが人気です。

高カロリーの食品を食べる必要がないので、ダイエットしている方はとても助かりますね。吸収の効率性を重視するなら、錠剤やドリンク剤などがあるので、試してみてはいかがですか。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする