固いニキビの治し方と重要ポイント

「いつもと違うニキビができちゃった。」

鏡で見るといつもと少し違う気がして、触ったら固くてしこりのようになり、ベタネタ触ってしまったことがありました。

直感的に、早めに治した方が良い気がしてすぐに調べてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

しこりを触ると危険

固い

芯があるような固いニキビ。かゆみがあったり、熱を持つような症状の場合もありますが、幸い私は熱はなかったです。

「固いしこりのような部分が気になるから」といって、私の様にむやみに手で、ベタベタ触るのはよくないことが分かりました。

というのも、ニキビ菌をどんどん、あちこちの毛穴にすり込むようなものだからです。しかも固いニキビは、潰すと腫れたり潰れてしまうと、ニキビ跡になるからやっかいです。手で触らないように。

ニキビ顔

固いニキビは、角質層が厚くなって、変質している場合も。皮脂(コメド)が毛穴の深い部分で固まったものが多いので、無理をして潰すとその分ダメージが大きいことが分かりました。

さわらず、そのままにするのが良さそうですが、寝ている間につぶしてしまうかも。。。

かなり心配になったのですが、硬くても通常のニキビケアと、同様の治し方なので安心しました。

ニキビの主な原因

原因が分かれば対処できるので、主なものをまとめたので紹介します。

  • 乾燥肌
  • ストレス
  • ビタミン不足
  • ホルモンバランス
  • 運動不足
  • 不規則な生活
  • 偏った食事
  • 便秘

原因は複数ありますが、お互いに関連しあっているものもあります。(参照:大人ニキビを予防するポイント

この中でも乾燥肌でニキビになる方が多いようなので、真っ先に対処すると良いですよ。

この乾燥肌は、お化粧の下地の化粧水を変えるのが、もっとも効果的です。
ニキビケアのための化粧水

『ストレスとビタミン不足』について

体調不調

ストレスが増加すると、ビタミンCが消費されて不足するので、不足しないように定期的に摂取するのが大事です。ストレスが多くビタミンの消費が多い影響で、ホルモンバランスも崩れる結果に。

それがさらにニキビを誘発する結果になるのは、ストレスの多い私としてはとちょっと見逃せません。

さらに運動不足や、不規則な生活の人は、食生活も偏っている場合が多いそうです。私の場合はスイーツに走ってしまいます。そうなると野菜不足で便秘がち、ますます体調が悪化。さましく悪循環ですね。

甘い物と栄養素

栄養のバランスが悪いと、肌へも悪影響を与えてしまうので、まず1つ1つ改善するのが、固いニキビを治すあるいはできないようにする重要な要素だと分かりました。

特に女性は便秘になりやすいので、野菜など食物繊維を多く摂取することで、早めに改善する必要があります。

焼き芋

さつまいもなどは、便秘改善にとても良い食材なので、休日前を中心に積極的に食べるようにしています。

野菜

食物繊維とビタミンは、1日1回は必ず摂らないと、効果はイマイチなのでドカーンと取ってもダメのようです。特にビタミンCは、脂肪のように体内に貯めておけないので、その都度、摂取する必要があります。

固いニキビの重要な予防ポイント

乾燥

やはり乾燥肌の改善。固いニキビケアの重要な予防の改善ポイントです。

乾燥するとニキビになる。意外かもしれませんが、乾燥肌とニキビは密接な関係になっています。

人間の皮膚の上に皮脂がおおっています。通常はごく薄い膜となっていて、脂肪膜と呼ばれます。この膜は大変、重要な働きをしてくれています。

saibou-saisei

外からの異物の侵入などを防いだり、乾燥を予防する働きがあり肌のバリア機能の一翼を担っています。だから重要なのですね!

つまり皮脂は、ニキビの悪のような存在で嫌われていますが、うるおい肌には欠かせない存在だったのです。問題は、皮脂腺から分泌されすぎるから。毛穴で詰まってしまいニキビの原因となります。

そこで適度な保湿が重要になります。そこで保湿クリームが良い働きをしてくれます。

ニキビ予防 保湿クリーム

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする