角栓とニキビの治し方

角栓がニキビを作っているのをご存知ですか?

そもそも角栓とは、皮脂や角質層が毛穴などの上に固まったもの。

問題なのは、それで毛穴がふさがれて酸素が少なくなること。ニキビ菌は、酸素が少ない環境で増殖を繰り返しニキビを作ります。ニキビができる予兆といえるでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

ニキビができる究極の原因

角栓

ニキビ菌が皮脂を食べ増殖を繰り返すことで、赤く膿んで炎症を起こしニキビ跡になってしまう。さらに別の場所でも仲間を増やして、顔中にニキビが増えていく。角栓こそニキビの原因

最悪ですね。だから真っ先に無くす必要がありますね。

ニキビはニキビ菌(またはアクネ桿菌)が皮膚で増殖したものですが、始まりは角栓ができるから。つまり角栓を除去すれば、ニキビ菌が増殖する環境をなくせるわけです。

でも角栓があれば、絶対にニキビができるわけでもないです。

その他の原因としては、ストレスなどの精神性のものや、ホルモンバランスが狂ったり、脂っこいものを食べて毛穴に皮脂が多量に分泌されると起こるものまで様々。

その中で角栓は、現象としては分かりやすいです。

最大限、角栓ができないようニキビケアすれば、何度も嫌なニキビに悩まされる必要もなくなります。角栓とニキビの深い関係を、なんとか早めに絶ちきりたいですね!

角栓ができるのを予防

そもそも角栓の元、皮脂を抑えられればすべてが解決します。

供給源は、もともと私達が食事をした栄養が、原材料になっているので、食事を改善すればある程度は抑えることができます。

ダイエット食が最適

そこで重要なのが食事で、ダイエット食が最適です。まず、皮脂のもととなる油分を減らした食事をすると良いでしょう。

どんな食事かイメージが湧きにくいと思いますが、油分が少なくカロリー抑えめ。それでいて、タンパク質やビタミンが豊富な健康食。ニキビを防ぐのに正しいダイエット食が役立ちます。

油を減らしたヘルシーレシピが注目されているのは、美容にも良いからです。ノンフライヤーなど、油を使わないで揚げ物ができるのもあるので、選択肢は広いと思います。

こちらの記事も読まれています。>>酵素ダイエットを成功させる食事の取り方のポイント!

ニキビにホルモン治療

si-so-

わたしたち人には、男性・女性ホルモンがありますが、お互いバランスを保っています。いわばシーソーみたいな関係です。

皮脂はこのホルモンバランスが影響を及ぼしています。たとえば皮脂の分泌が多い思春期は、男性ホルモンが活発になると、皮脂の分泌が増加することが分かっています。

シーソーのようなバランスなので、女性ホルモン(エストロゲン)を増やせば、男性ホルモンが減らせるので皮脂も抑えられます。そのような治療法も考えられています。

低用量ピルを飲む

具体的には避妊に活用される低用量ピルが、意外にもニキビにも効果があります。低用量ピルを飲むだけでニキビが改善される人もいるのは、結果的に皮脂が低下して角栓が出来にくくなったからです。

近年使われる低用量ピルは、副作用も軽減されていますが、専門医の指導の下、活用するようにしてください。妊婦さんや高血圧などの方は使用できないので、くれぐれも自己判断で活用しないように。他の方でも使えない条件があるので、詳しくは医師に相談。費用は1ヶ月およお3000円前後。

さらに角栓を予防するのに保湿も欠かせません。>>洗顔と保湿

まとめ

食事をヘルシーにして、皮脂の分泌を減らして角栓からニキビを予防する方法や、専門医と相談する方法を紹介しました。

これ以外にも物理的に除去する角栓パックを活用する方法やニキビになる!毛穴の角栓の取り方【簡単にできる4つの方法】も参考にしてください。そしてきれいなお肌に早く治ると良いですね!

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする