花粉症とニキビの密接な関係とは?

花粉症

花粉症の2月からの季節になると、ニキビが悪化するという話しを聞きます。しかし現在では花粉症は年中、発生すると言われるくらい日常的に。

ではニキビと花粉症、どのように付き合って行けば良いのでしょうか。その辺りを詳しく紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

乾燥した日は要注意

 ウイルス

花粉症は花や木の花の花粉が体内に入ると、ウイルスなど異物として攻撃しますが、それが免疫が過剰に反応することで発生する病気。重症化するとかなりつらいものになります。

ニキビと花粉、何のつながりもないように思えます。

でも花粉が多いというのは、花が多く咲いている状態。植物にとって生育が良い、しかも晴天で空気が乾燥気味ということ。

ニキビは肌が乾燥すると出来やすい皮膚病。晴れた日は紫外線が多く、炎症を起こしたニキビがダメージを受けやすくなるのも特長の1つ。つまり花粉や花粉症はニキビ発症のバロメータ。

乾燥した日は特に注意が必要です。

体が弱っているサイン

朝寝坊

花粉症でしかも寝不足だとすれば、免疫力が低下します。肌のバリヤ機能も低下して、ニキビや肌荒れになりやすくなります。

花粉症が近年増加したのか、昔からあったけれど医療技術の進歩で風邪と花粉症の見分けができたから、増加したように見えるのかは定かではありません。しかし食生活などの乱れなどで、体調が悪化していると指摘されているのは、思い当たるところがあると思います。

  • 便秘や冷え症などの症状もその1つ。
  • 無理なダイエットなども肌を傷める要因に。

ニキビも花粉症も改善するには体質改善が必要です。肌は適度に潤いを与えて過剰な反応が出にくいようにするのも1つの方法です。

オールインワンタイプで時短ケア

医療機関を受診

花粉症の症状を改善するなら、一番なのはやはり処方薬。タリオンという花粉症を押さえ込む強い薬も処方してもらえます。

花粉症による鼻水、鼻づまりなどもディレグラという、強めのものもあり、かなり症状を抑えることが可能です。

問題なのは先生によって対応が違うので、忙しい人がいくつもの医療機関を回って、自分にあった先生を見つけるのが難しいかもしれません。ステロイド系は、極力短期間だけ使うドクターがおすすめです。

医療機関でも改善されないなら、体質改善に取り組む必要がありそうです。サプリも試してみるとよいかもしれません。

花粉の季節に!「北山村産のじゃばらサプリ。」

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする