痛いニキビを早く治す!2つのポイントと1つのコツとは?

背中

「ニキビがあたると痛い!」そんな経験をしている方も多いはず。

大抵は赤く炎症したものが痛くなっていると思います。そのまま放置していると、さらに大きくなるのが怖いですね。

すぐに治らないだけではなく、悪化して最後はつぶしてしまう。そうなるとニキビ跡が心配になります。

そこで早めにケアする方法、2つのポイントと1つのコツをご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

背中に出来たニキビが参考

なぜ背中を例にしたのかというと、なかなか目に付きにくく、痛くなったときには、すでにかなり進行しているのが背中ニキビの特徴の1つだから。

「ニキビは触らないで!」と注意されますが、背中は無理ですよね。

寝ている間もニキビに力が加わるので、一旦出来てしまうと痛み、治りにくいでしょう。そういう場合は、ニキビケアをしっかりしないと、背中の場合はかなり広範囲に広がる恐れもあります。

これだよ

つまり背中ニキビケアができれば、他の痛いニキビケアの参考になるということです。

あまり過度に敏感になる必要はありませんが、他の場所にも広がらないように、しっかりと毛穴の汚れを落とすように心がけましょう。

洗顔で洗えないときのポイント

背中は自分では洗いにくいですが、かといってタオルでゴシゴシ洗いは悪化します。そもそも痛くて触れないですから、清潔にしなさいと言われても困りますね。

そこでどんなケアをするのかがポイントになります!

  • まずは、シャワーで数分、ニキビが出来たところを中心に流水(お湯)で、汚れを洗い落としましょう。 これだけでも、改善がみれる場合もあります。
  • 背中に限らず顔でも同じですので、シャワーをあたる方法もやってみてください。顔は1分シャワーで当てるのも、かなり時間が長く感じられるはずです。

シャワーで洗い流すだけでも、汗やアカなどは落とすことができます。古くなった皮膚も、実はシャワーだけで落とすことができます。

効果的なコツ

ただし毛穴がある程度は、開いてくれないと落ちにくいので、一旦、湯船に浸かって体を少し温めてから、シャワーを当てるとより効果的

固い石けんやタオルなどで、ゴシゴシ洗いは避けたいです。手で触ると化膿していたものが、潰れてしまう危険があるからです。

痛みを伴うニキビは、極力、触らない洗い方も大事になります。

洗い方や肌にやさしい泡・石けんについては、こちらを読むと理解が深まります。

洗顔料と固形石けんって、どっちが良いの?

大人ニキビの洗顔石鹸は肌質に合わせて!

オロナインを使う方もいらっしゃるのですが、「オロナインでニキビ跡は消える? 身近なオロナインの特徴」は初期は良い(取扱説明書にも記載あり)との事です。

ただし悪化してから塗ると、重症化するという報告がありますので、ご注意ください。

放置すると、どうなる?

ニキビが痛む女性

放置していると、潰れるリスクが増えてしまいます。無意識にひっかいたりすると、そこが傷や跡になって一生残ることも。

もちろん1つ潰れただけで、顔の肌がデコボコしてしまう程にはなりませんが、複数のニキビが次々に悪化して潰れると、かなりひどい状態になってしまいます。

困った悩み

1個でも、ひどくなりそうな場合は、すぐにそれ以上できないように予防をしてください。

ニキビはとにかく初期の間に対処しないと、毛穴に皮脂が詰まって炎症を起こしてからでも、薬を塗っても浸透しきれなくて、治るのに時間がかかります。

自分の手に負えない場合は、皮膚科へ助けを求めましょう。ネットで検索して時間を何日も掛けてる間に悪化してしまうからです。早めに皮膚科で治療するのが良いでしょう。

まだひどくない場合でも、すぐに対処してください。

日を追う毎に痛みが伴うニキビに進行してしまいます。早めに治す行動を起こすのは、白や黒いニキビなら十分にきれいに治すことも可能だからです。

さらに根本的に対処するなら、基礎化粧品を活用すると、予想以上に改善する場合もあるので、こちらをチェックしてみることをおすすめします。>>リプロスキン

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする