メイクに興味を持つようになったのは保育園

メイクを本格的に始めたのは女子高校生の頃です。でも一番最初に興味を持ったのは保育園のとき。近所の男の子がいて、好きになった幼なじみとのおままごとがきっかけ。保育園

メイクといっても、ママの化粧をメイクだと思って見ていなかったのですが、とてもきれいになったので私もやって見たいと思いました。

きれいなお嫁さんになりたいのが夢だったので、それにはメイクをしないとダメなんだってずっと思っていました。

子供の頃の考えてって浅いけど、純粋だったんでしょね。

私はその後、引っ越す事になってしまい、それから彼とは会っていませんが、あの時の私が綺麗になりたいって夢は、叶ったようなまだのような。

本当はメイクしなくても、美人なら良かったのですが、ちょっと微妙かな。

女子高生でメイクをしたら…

中学生まではメイクの許可が下りなかったのですが、高校生になったらメイクの許可が下りました。といっても保湿や洗顔を中心としたものですけど。

いまにして思えば、その時のケアが役だっていると思うの。いまも保湿はクセみたいなもので、しっかりと気を付けていますし、紫外線対策もばっちり。

やっぱり基礎化粧品は扱えるようになって、ベースは守らないとどんなにメイクを上塗りしてもダメだって分かっています。

私に子供ができたら、女の子だったら私と同じ様に基礎はしっかりして欲しいと思います。「有り難うお母さん」って感じです。

痛感するのは、痛すぎる!女子高校生の老化促進の肌メイクの女子。急いでメイクの厚塗りだけは避けた方が良いですね。さっぱり系で軽めがおすすめなのに。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告