日焼け対策は不十分!?帽子と日傘は最強アイテムとその理由!

太陽の強い光り「外で遊ばないで!」

一昔前だったら、子供は外で真っ黒になるくらい遊ぶのが、健康的でよろしい。

そんな常識だったのです。しかし今ではオゾン層が薄くなり、一年中、紫外線が強くなりつつあり、皮膚がんの増加が心配されています。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

皮膚に紫外線を当てない

日焼け対策の最強のアイテムってご存知ですか?

紫外線の影響は、10年以上も経過してから現れる場合もあります。

日焼け止めは若い女性だけのものではなくなっています。しかし、日焼け対策は考えている以上に不十分で、肌トラブルに悩む女性が多いことがわかります。

紫外線から身を守らないと、どんどんお肌が老化していく深刻な事態になっていきます。そこで女性の敵のしわやシミになる日焼け対策の方法を分かりやすくまとめました。

老化させる恐ろしい光

お肌を若く保つアンチエイジングが話題ですが、紫外線はその真逆の効果があります。つまり肌の老化を加速する怖い光

強烈な太陽の光を浴びると、紫外線も肌を刺すように到達している証拠。ニキビ跡があればシミになってとれなくなってしまいます。そこで便利な日焼け止めを顔や腕、首などに塗るわけです。

日焼け止め待った!

でもちょっと待ってください。日焼け止めで肌荒れになる方もいます。そもそも日焼け止めを塗る前に、もっと根本的な対策を忘れていませんか?

UV加工の帽子

それがUV加工の帽子の着用です。

ところで、良く耳にするUVってぞごんじですか?

UVとは、紫外線 (ultraviolet)の略です。そのUVにはUVAとUVBの2種類があります。

UVAとUVBの違い

日焼けを防ぐためには、紫外線の特性を知っている必要があります。

紫外線は、UVBとUVAという波長の違う、2種類が地上に到達します。

  • UVBは、皮膚の表皮(表面の皮膚)に届く。皮膚癌の原因になる。
  • UVAは、真皮(皮膚の深く)にまで届く。皮膚癌へ影響を与える。

顔のしわやしみ(色素斑)は紫外線の影響が大きいと言われています。

太陽の光を長時間浴びて日焼けした時に、皮膚の細胞の遺伝子が傷付けられて皮膚癌になるという方もいます。

日焼けサロンでは、UVBをカットしているとされていますが、危険性が指摘されているので今後の研究によっては、使用が禁止されるかもしれません。

すでにWHOでは18歳未満については使用禁止の勧告をされています。

小麦色に日焼けして、喜んでいた時代が懐かしい...。

顔に太陽光が当たらないようにするのが、もっとも効果的な日焼け対策になります。一番大切なのは、日焼け止めする紫外線を、もっと手前でできるだけカットすること。

SPF50+PA++++など、効果を示すのを競いあっていますが、できるだけ物理的にカットできれば一番安心です。そうすれば、より安全に紫外線からのダメージを予防することがでいます。

おしゃれな帽子が登場しているので、さりげなく日焼けから身を守ってくれます。

徒歩で出かける場合や、ウォーキングなどは、汗の吸収性などに配慮されたウォーキング専用の帽子がおすすめ

ウォーキング 用 帽子を楽天市場で詳細を見る。

日傘でさらにカバー

日傘

「あの子、日傘さしてるよ。」

肌が白くもないのに。

そんな冷やかしをしている方もいますが、5年後、10年後、その効果の差がお肌の若さとなって現れてきます。

日傘を差すくらいの女性ですから、日焼け対策もばっちりなはずです。日傘を差してUV加工された帽子、さらには日焼け止めでかなりカットできるはずです。

あと何年かしたら、「あの娘、日傘さしてないわよ。無防備ね。後できっと泣くわよ。」という常識になっているかもしれません。

シワが増えてから化粧品に頼るよりも、まずは老化を防ぐように注意するのが大切です。

雨の日などには使わないので、折り畳みのUVカット使用の傘で十分効果があられます。

日傘 uvカット 100% 遮光 折り畳みを楽天市場で詳細を見る。

赤ちゃんの日焼け対策

ベビーカー

忘れていませんか?赤ちゃんの日焼け対策。

赤ちゃんや子供は、大人よりも皮膚が薄く完成されていないので、より影響を受けやすくなっています。

紫外線の影響は10年も後になってから、顔や背中にシミになって現れる場合もあります。というのも私の背中も悲惨なことになっているから、自分の体験として理解しています。

赤ちゃんの場合は、より注意が必要です。ベビーカーの場合もUVカットは欠かせません。

ベビーカー 日よけ UVカットを楽天市場で詳細を見る。

自転車の日焼け止め対策

やっかいなのは自転車の日焼け対策。日焼け止めくらいはできるのですが、日傘はさせませんし風の影響を受ける大きな帽子も難しいですね。

そんなときはUVカット仕様のサンバイザー。

サンバイザー uvカット 自転車を楽天市場で詳細を見る。

日や目止めも良いのですが、風通しの良いUVカット仕様の長袖も着用をおすすめします。

まずは物理的に日焼けを押さえて、あとの残りを日焼け止めにすれば、あまり強い化粧品を使わなくてむずので、肌ケアもぐーんと楽になります。

ビタミンCで皮膚が痛むのを予防

いろんな対策を紹介してきましたが、いままでは外側の対策でした。しかし100%、日焼けを予防するのは難しいです。

そこで肌に到達して痛んだ肌を早めにケアしたり、紫外線で細胞内に発生した活性酸素を、ビタミンCの力でさらに押さえると、かなり日焼け対策は完成します。

ビタミンCの多い食材などを多く摂取すると良いでしょう。

このようなものもあります。

以上のような日焼け対策が1つでも参考になれば幸いです。

【豆知識】顔の老化を早める怖い紫外線

紫外線が肌に当たると、細胞の内部では凄いダメージを与えているようです。

コーセーの研究所の薬剤開発グループの成英次研究員と静岡県立大学の加治和彦教授の共同研究で、紫外線の影響で細胞分裂の回数が少なくなり、細胞の寿命が短くなることが分かったそうです。

紫外線で細胞にダメージを受けても、再生する力が低下すると、痛んだ細胞が産まれ変わらないので、老化するというメカニズム。

しかも年齢が上がると、寿命がさらに短くなっていくので、老化を抑えたい人は紫外線対策は必須ですね。こんがり小麦色に焼こうとは思わない方が良いようです。

ニキビケアでお探しの情報はこちらにもあります。>>ニキビケアの情報一覧

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする