妊娠中に腹毛!脱毛の注意点とは?

妊娠すると、お腹が大きくなってきますが、なんだか毛が濃くなってきます

最初は気のせいだと思っていたら、どんどん毛深くなっていくので心配になってしまいます。

※追記 ついに、みつけました! 妊婦さんができる脱毛方法を一番下記に記載しました !(^^)!

一番いやなのは、検診にいくときです。すごく毛深くて恥ずかしいじゃないですか。中には先生は見慣れているから?平気だという人もいますが、見慣れないって思う私は無理。

そこで脱毛を考えたのですが、胎児への影響がでないか心配です。

そこで妊娠中にできる脱毛方法や腹毛の脱毛、なぜ毛深くなったのかについてお伝えしていきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

腹毛が濃くなった理由

妊娠中

 妊娠中期頃になると、ホルモンのバランスで毛が濃くなる報告があがっています。ポイントは毛の数が増加するのではなく、色が濃くなるようです。メラニン色素の影響が増すからという指摘も。

しかし腹毛が濃くなるのは一時的なもので、出産後は徐々に元に戻っていくので、あまり心配しなくても大丈夫です。

もちろんホルモンバランスは個人差が大きいですので、全ての妊婦さんが毛深くなるわけではありませんが、腹毛は濃くなって普通という認識で良いと思います。

 しかも生え方は人によってだいぶ違うみたい。

腹毛の生え方

腹毛はすべての妊婦さんが濃くなるわけではありません。それと同じで生え方も人によって異なります。

 生え方が違う
  • おへそ周りが濃くなる。
  • 毛が異様に長い。
  • 胸より下の後半に腹毛が生えた。
  • 腹毛だけではなく、背中の毛も濃くなった。
  • 太ももまで濃くなった。
  • 毛が渦を巻いた。
  • 毛がふさふさに増えた。

それでも脱毛したい。

出産で腹毛が濃くなるのがホルモンのバランスだと分かったけれど、やっぱり気になるから剃りたい。あるいは(永久)脱毛したんですけど。そういう女性も多いようです。

しかし専門家の間でも、意見はほぼ統一されています。

結論

剃らない方が良い。
皮膚トラブルの危険あり。

どうしても脱毛したいという方もいますが、妊娠期は肌が敏感になっているので、炎症などの肌トラブルが予想されます。また病院やエステ側が恐れるのは訴訟。

肌トラブルや赤ちゃんへの影響は、医学的にはレーザー脱毛などは、胎児に影響はないとされていますが、 それでもなんらかの問題が起きたとき、訴訟などになると面倒だから。

 そこで妊娠が分かったら、脱毛の施術をしない方針のところが多いようです。

もしそれを隠して万が一にことがあっても、あくまで自己責任になります。腹の毛を自己処理で抜くのもトラブルの元になります。

もし脱毛を希望されるなら、妊娠する前に永久脱毛をするのがよさそうです。ただ、料金は全身脱毛だと、100万程度はかかります。個人差もあるので、それ以上かかる場合も。私にはちょっと無理。 

ところが・・・ついに見つけました!

妊婦さんもできる脱毛方法

発見しました!

妊婦は脱毛しちゃいけないんだ。そう思っていました。

ところが、調べたら妊娠中にも使える脱毛クリームがありました!

  • 天然植物成分由来
  • 敏感肌の人が使える。
  • 子供にも使える。

これを探していたんです(*^▽^*)

抑毛効果もあるそうで、私の友達のお子さんも使っていて、かなり綺麗に脱毛できていてかなり良さそうでした。

 >>敏感肌のお子様にも使える⇒ムダ毛対策ジェル!! <<

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする