鼻ニキビにNGな2つの原因はこれ!赤白膿のニキビ撃退法

高い鼻
「鼻の頭は特にベトつく」。おでこと比較しても、皮脂量がダントツに多い!

さらに紫外線の影響が大きく、赤や白のニキビが出来やすいので目立ってしまいます。

そのまま 放置しているとシミになってしまう。

そこで早めに直すため、鼻ニキビの原因と対策、赤白膿のニキビ撃退法について紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

鼻ニキビは紫外線が怖い

紫外線と太陽

ニキビに紫外線が当たると大変なことになる。

「日焼け止めを塗り忘れて大変!」

さすがに塗り忘れはないと思いますが、つい鼻の辺りを触ってしまい落ちてしまうことがあります。

欧米人ではなくとも鼻の高さがネックなります。真夏に海にいくと、真っ先に日に焼けるのが鼻の頭

真夏のビーチが楽しくて、友達といつもよりも長く談笑してしまいます。

しばらく過ごすと鼻の頭が、真っ赤に日焼けしてしまうことがあります。顔の中にできるニキビの中でも、鼻は特別な場所ですね。

鼻は顔の中でも高い位置にあり、前髪で隠されやすい『おでこより』日に当たってしまいます。

紫外線の影響で、ダメージを受けて治りかけのニキビとその周りも、メラニンが生成され鼻は黒ずみ皮脂も酸化しやすくなります。

それでなくても目立っているニキビが、赤くシミになると最悪。

細胞も破壊

浜辺

紫外線は、肌の奥まで到達して細胞を破壊してしまい、女性の大敵、しみやしわの原因にもなるたいへん恐ろしいものです。

紫外線については環境省の情報を参考にしてください。(参考PDF:紫外線環境保健マニュアル

普段からニキビが出来やすい場所ですが、肌が赤く炎症を起こしやすい。日焼けで鼻の頭の皮もめくれやすく、鼻が高ければそれだけ影響も大きくなります。

さらにニキビが鼻にできてしまい炎症を起こすと、ダメージも多く受けニキビ跡や黒ずみなどの原因になります。こまめに日焼け止めは欠かせません。鼻のニキビはそれだけ要注意な場所です。

しかも紫外線の影響は5年、10年年先に表れることでも知られています。

SPF50やPA+++の意味って?紫外線から身を守る日焼け止め最新情報

日焼け対策は不十分!?帽子と日傘は最強アイテムとその理由!

洗顔不足がニキビの原因

「皮脂の分泌がすごい!」

鼻の頭やその付近は、どうしてこんなに脂っぽくなるのでしょうね。洗顔不足だとテカテカで、皮脂が鼻の毛穴に詰まり、ニキビ菌のエサになるのでニキビの原因になります。

「とてもやっかい。」

脂が多いと洗顔では落ちづらくなり、化粧水や乳液の浸透をはじくおそれがでてきます。そうなると化粧品も効果がなくなりニキビが出来やすくなります。思春期にも多いのが、おでこと鼻の部分になります。

鼻ニキビの原因のもうひとつは、ご存知のように皮脂でべとつきがあるので、花粉や他の雑菌も付着しやすくなります

肌・ニキビケアをする上では要注意な場所と言われています。典型的な大人ニキビができる場所の1つ。洗顔不足は絶対に避けたいですね。

洗顔石鹸は肌質に合わせて

鼻の白ニキビを見つけたら洗顔警報

洗顔する女性
鼻の初期にできたニキビは見た目が白く、この段階で洗顔をしっかりすれば大抵の場合は改善していきます。メイクをする朝のチェックは欠かせません。

ところが忙しくて時間に追われている生活をしていると、その気づきが遅くなり発見したときにはすでに、赤ニキビになって炎症が進行します。さらに膿まですすむとニキビ跡のリスクもでてきます。

ニキビの進行ステージ

(赤色から黒色になっていく場合もあります。)

つまり鼻のニキビができるというのは皮脂の分泌が多いために、洗顔がていねいに出来ていないという現状がわかります。

そこで少しでも早めに気づくことが大事なので、例えば外出先のトイレなどで確認することで、現状を把握できれば帰宅後のケアをしっかりとするようになり、鼻ニキビを治す第一歩になります。

紫外線対策と朝のメイクが大切

このように紫外線対策と朝のメイクが、鼻にできたニキビの予防や早めに治す大切なポイントだとわかります。

忙しいので難しいとは思いますが、出かけるときは日焼け止め、外出前のメイクは時間を少しでも多くとり、肌と向き合う時間を作りたいものです。

食べ物の影響などが気にある方はこちらも参考⇒これがダメだった!ニキビに悪い食べ物をついに発見?

水洗顔で肌荒れ!効果的なやり方しませんか?

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする