肌荒れ予防【簡単】3つのニキビ改善点

肌荒れ

肌荒れは、睡眠不足や食生活の影響が大きい。ニキビができるとさらに肌荒れがすすみます。ですので早めに、ニキビや肌荒れは治したいところ。

考える必要はありません。次の3つに注意するだけで、肌荒れが改善されニキビ予防につながります。

  • 肌にとても良い時間に睡眠を取る。
  • バランスのよい食事をする。
  • 肌の乾燥を防ぐ。

 寝不足は肌の大敵です。大晦日などで徹夜すると、翌日、肌荒れがすごいという経験をされていると思います。顔もベトベトして、肌の傷みを感じるはず。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

肌荒れは眠る時間がポイント

普段の寝床も午前0時を過ぎてから寝ると、肌荒れしやすく、治りにくい。

その理由は、肌細胞が活発に細胞分裂して、古い細胞と新しい細胞が入れ替わるのが、ゴールデンタイムと呼ばれる午後10時~午前2時まで。

細胞の成長

つまりこの時間、起きているお肌の新陳代謝はかなり遅くなっています。傷ついたお肌の再生は遅く、いくら薬や化粧品を使っても効果が限定的です。

また寝不足はイライラのもと。ストレスが増加すると、自律神経系の交感神経の活動が活発になります。すると皮脂が大量に分泌する男性ホルモンの働きも増します。

つまり寝不足は肌荒れにも、ニキビ良くないわけです。人によって多少のばらつきはありますが、肌荒れやニキビのケアには早寝が欠かせません。

肌荒れニキビと食べ物

睡眠をしっかりとっても食生活のバランスが悪いと、ニキビが出来やすく肌荒れしやすいです。

いくら肌荒れを改善しようと早寝をして、睡眠時間を確保しても、栄養が偏ると肌荒れは悪化します。

例えばビタミン不足は、肌の痛みを修復する期間、ターンオーバーの期間(若い人の例 約28日)を延ばしてしまう危険が。細胞はタンパク質で作られます。

無理なダイエットは肌荒れとニキビを加速

肌荒れにはバランスの良い食事が欠かせません。無理なダイエットをすると栄養失調で、肌荒れしやすくなります。

  • ビタミンA・B・C・Eやミネラルなどもバランス良く摂取する必要があります。
  • タンパク質は、豆類(納豆・豆腐)、お肉、卵などに多く含まれています。
  • 植物性の良質なタンパク質はダイエットにも良く、さらに食物繊維で便秘の改善にも効果的。

野菜の種類も偏って食べずに、緑黄色野菜、果物(いちご、みかん、りんご、バナナ)、さつまいもなどは食物繊維も豊富。

1つだけ集中して食べるダイエット法などは避けるべきです。

もう1つ肌荒れになる場合、重要になるのは乾燥対策で、かなり効果が期待できます。

乾燥対策と潤いを与えるニキビケア用の化粧水

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする