病院では治らない?フェイスラインのニキビの原因と対処法

フェイスライン

病院でフェイスラインのニキビは治せない?
ちょっと気になる情報を聞くことができました。

「ぜんぜん良くならない」
「多少は改善されたけど、またすぐできた」

おでこよりフェイスラインにニキビができやすい。そんな時はちょっと注意が必要です。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

治療だけで完全に治らない?

女医

フェイスラインは大人ニキビの典型です。

皮膚科へいくと抗生物質などを処方され、赤く炎症を起こした症状は一時的に和らぎます。しかし、完全には治らず根本的な治療にはほど遠い状態です。もちろんそれで、かなり改善される方もいますが個人差が大きい。

「吹き出物が治らず、毎日のように別の場所にニキビができます」こんなことがすでに3ヶ月も続いている方も。

このような悲鳴があちこちから聞こえてきます。それを改善するには、薬だけではなくスキンケア化粧品や、食事、生活習慣など総合的なケアが必要になります。

どれか1つだけでは、対処に時間がかかったり繰り返しできてしまいます。

原因と対処法

外国の女性

病院は治すための治療は積極的に行います。

しかし、治療後に薬が終わってから何もしないと、また繰り返しできる恐れがあります。その理由は病院では、予防については自己責任だからです。

「できたら、また来てください。」と言われてもね・・・

なにもニキビだけのことではありまあせん。例えば癌も手術や抗がん剤で治してはくれます。

しかし癌にならないようにはしてくれません。あくまでも、症状を安定させるか、そのときだけ治すかだけです。

タバコの吸いすぎが原因で肺がんになったとして、手術してもまたタバコを吸えば肺へのダメージで再発する可能性は高くなるでしょう? それと同じです。

だから何度も繰り返しできるニキビは、病院だけで治すのではイタチごっこになります。「予防対策」という根本的な対応が必須なのです。

手抜きをすると、治るまでかなり時間がかかるかもしれないので、しっかり対処したい場所です。

「でも、予防と言われても、どうすれば良いの?」そこが問題ですね。

「それはね、治療しつつ、やはり生活の中でニキビができにくい体質に変えていく必要があります。」

そもそもフェイスラインは皮脂の分泌が少ないので、本来は思春期でもできにくい場所。

でも女性の場合は生理前になると、皮脂の分泌が多く排出されてしまいニキビが出来やすくなります。これがやっかいです。

そこで原因として考えられるのが、自律神経の乱れが影響。ホルモンバランスが変化してニキビができる場合です。

「自律神経の乱れ?」
「そう、自律神経の乱れ」

「自立神経の乱れは、どうしておこるの?」

気になりますね。では、次にその辺りについて解説します。

自律神経の乱れはストレスが原因

地下鉄

例えば仕事や結婚、家族の病気など精神的なストレスが増大しているから。思いあたるところがありませんか?

職場を異動になったり、上司が替わったりするだけでもかなり精神面で緊張がでてきませんか?

「あ、会社いくの嫌だな~」って。

「私の場合は、毎週月曜日の朝になるとゆううつになりました」食事もろくに喉をとおらなくなりました。

誰かに相談するというのも大事ですが、直接的で早い改善方法は、不安に感じたら病院で精神を安定させるように安定剤を処方してもらうのがベスト。

「ニキビを治すのにまた病院にいくの?」

でも、もう病院には行きたくないって人も多いですよね。そういうときの対処法があります。

例えば前向きな方法としては、自分へのご褒美を決めるのは効果的です。

私が実際にやっている具体的な方法としては、日帰りバス旅行など楽しいイベントを考えて、実際にツアーに家族や友達と申し込んで、一緒にストレスを発散させ、自律神経を保つように工夫します。

これも1つの方法です。私はこの方法がもっとも効果的でした。かなり遠かったのですが、和歌山までパンダを見に行ってきました。

アドベンチャーワールドの双子のパンダ
(双子のパンダちゃんを見に行きました♪)

遊びにでかけるときのポイントは、車を自分で走らせて行く場合は、朝早くでかけて渋滞に巻き込まれないようにして、現地に早く到着すること。

あまり盛り沢山にしないて、1つポイントを決めてゆったり旅を楽しみます。グルメやスーツを1つ2つ決めておくと、楽しみが倍増しますよ。

で、家に帰る帰路で、次の旅行を計画します。そうすることで、楽しみがまたできるので月曜日からのストレスも和らげられます。

その他には、睡眠を改善するのも良いですよ。

睡眠環境も要チェック

「心配事で、睡眠不足になっていませんか?」

睡眠が足り無くなると、代謝が低下して肌荒れや皮脂の分泌が一時的に増加する場合もあります。

フェイスラインのニキビは、寝ている間に悪化する場合は、枕の汚れなども注意が必要です。

頻繁に洗濯して、常に清潔を心がけましょう。ずっと同じものを使うと、雑菌などが顔の肌に悪影響を及ぼす恐れがあるので、寝具などへの配慮も。

1週間に一度は日干しか、陰干しするのも効果的。掃除機でベットをキレイにするのも試してみてください。気持がスッキリします。

枕カバーは頻繁に洗うようにして、替えをいくつか用意しておくと良いでしょう。柄も変えると気分転換になりますよ。今週は可愛い系にしようとか。

急激な気温の変化や過労なども、体に害を及ぼします。電気代が気になるかもしれませんが、睡眠がしっかりとれていないと感じたら、エアコンを夏は28度、冬は20度くらいに設定して、保湿をして寝ると、熟睡しやすくなります。

休みは昼まで寝ているという方は要注意。休日も普段と同じ時簡に起きるのもポイント。自律神経を安定させるように規則正しい生活リズムで生活します。

「でも疲れがたまっているのですが・・・」という方は、お昼に15~30分くらいの短いお昼寝を1~2回します。これだけで、かなり疲労が回復します。

このような根本的な改善をするのをおすすめします。カチカチ音がする時計は変えましょう。

触らないようにする

つい、くせで触りやすく、ニキビを顔中に広げやすい。それゆえ広範囲に拡散しやすいので、治りにくい場所といえるでしょう。

しかもフェイスラインにできるニキビは目立ってしまい、気になりマスクをつけて外出される人も多いのではないでしょうか。普通のマスクは、蒸れやすくあまり良くありません。このような時は、伊達マスクを活用されてはいかがですか。

大切なのは強い刺激を与えないようにすることです。マスクも強く着用するタイプはさけてくださいね。

参考 『だてマスク』はニキビ顔で使っても悪化しない!

総合的な対処が必要

下記のような総合的な対処が必要です。

  • 食事
  • 洗顔
  • ストレスの発散

食事の面では、便秘も悪化の恐れがあるので、食物繊維を積極的に摂るように心がけましょう。

洗顔は、泡洗顔が安心。少しぬるめのお湯をフェイスラインを中心に、シャワーで長めに当てて毛穴が広がった頃に、ニキビをつぶすリスクがあるので、泡洗顔で優しく毛穴に貯まった皮脂を洗い落としましょう。

またその時に気を付けたいのは、顔のマッサージはニキビをつぶすリスクがあり、ニキビ痕になるので注意しましょう。

男性の方は、ひげの付近にニキビができやすい場合も、ホルモンバランスの乱れが影響しているといわれています。

一方、女性の方は、婦人科で低容量ピルを処方してもらい改善する場合があります。副作用などが心配な方は、化粧品を試してみるのも一つの方法です。

参考 ニキビのあとが赤く消したくてリプロスキンを試してみた

このようにフェイスラインのニキビは、1つだけ治せば解決するとは限らないので、気になった原因はすべて解消するように心がけたいものです。

この記事で紹介した項目で、まだ実践していない方法を試してください。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする