同居で食生活が劇的に変化!ニキビを増殖させた?

お肉と菜食

「どうしたの?」

結婚した友達が最近、すごいニキビになっていてびっくりしました。

素敵な彼と結婚して、立派な家に同居した彼女。よくある二世帯住宅で、普段の生活は独立しています。ただし食事だけは、彼女がまだ会社勤めなので義母が夕食を作ってくれるそうで、最初に聞いたときは、ちょっとうらやましく思ったものです。

ところが彼女に呼ばれて家に遊びに行って、顔をみたらすごいニキビで驚きました。結婚前にはエステに通ったりして、すべすべなお肌で良いな~と感じていたのですが...

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

同居で分かった食生活

食生活

彼女は昔から菜食主義で、お肉よりも野菜が好きな子でした。ところが同居した義母が作るのは、毎晩のようにお肉料理。もちろん彼女が肉嫌いなことは知っていますが、痩せた体では子供は出産できないという昔ながらの考え方で、食べる様に仕向けています。

彼女も菜食主義といっても、お肉もたまになら食べます。それが毎晩出されれば、さすがに嫌にもなると思う。食生活のせいか、それとも同居しているストレスか、あるいはその両方か分かりませんが、とにかく顔、背中もニキビがすごいんです。

さすがに向こうのお母さんも、ちょっと気になって食事を変えたようなのですが、その後もあまり変わらずに治らないまま。

私がニキビケアにちょっと詳しいので、呼ばれたわけなんです。それでいろいろアドバイスをして、これ試してみたらと、あるアイテムを教えてあげました。

私もニキビではいろいろ悩んでいた記事があったので、その時に調べたことを書いています。

結婚前の女性にぴったりなニキビケア

やっぱりポイントは、食生活だけではなかったですね。

肉食中心のデメリット

いままで野菜中心の食生活から、一気に肉食の生活に変わると、体にある変化が起き始めます。

  • 体臭やオナラが臭くなっていきます。
  • 肌が荒れやすい。
  • 皮脂の分泌が増加しやすい。

日本人の食生活の欧米化は、大腸ガンの危険性も指摘されています。動物性タンパク質を多く摂ると、それに比例して、ビタミンも多く摂取する必要があります。

お肉を消化吸収して、余剰分が脂肪になりますが、野菜中心の食生活からお肉が中心になると、栄養素が不足しがちになります。蓄えた脂肪が、効率よく燃焼できなくなると、肥満・メタボ体型になります。

口内炎が出来やすくなったら、栄養素が不足しているサイン。口内炎は野菜不足?野菜ジュースの効果はないってホント!?

ニキビ以外にも、このようにデメリットが増えます。またお肉でお腹がふくれてしまい、食物繊維の摂取が低下してしまと、便秘が悪化したり悪玉菌が腸内に増加して、癌のリスクが増すきっかけになります。

同居の際は、食生活は将来の健康や寿命も左右するかもしれない重要事項なので、旦那さんともその辺りを良く話会いましょう。

高齢者はお肉中心が良い?

高齢者はお肉をある程度、食べなければ寝たきりのリスクが増します。

お年寄りは、健康に配慮して魚や野菜中心の方が多い傾向にあります。しかしタンパク質が不足していると、筋肉が減少しやすく寝たきりのリスクが増すので、お肉や豆類を多く摂取するのが良いと言われています。

そういった事を考えると、義母や義父がお肉を食べるのは、ある程度は良い事だと思います。もちろん野菜も食べなければいけませんが、バランスは少し肉が多くても良いでしょう。

ニキビの改善は、健康維持にもつながるので、食生活にも配慮しましょう。できることなら、世代別に食事内容は同じでも分量を変えるだけで、かなり改善できるでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする