どくだみ茶の作り方&ニキビを治す効果はある!?

子供の頃に、おばあちゃんの家に遊びにいくと、どくだみが生えていたのを覚えています。

どくだみは臭いので、子供心に敬遠していた記憶があります。

それから意識の中から忘れていたのですが、最近、健康を意識するようになると、嫌っていたどくだみが気になり出しました。

どくだみ茶は効果があるのでしょうか?ニキビにも良いと言われているので、その辺りも調べてまとめてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

どくだみ茶の作り方

どくだみの花

先日、ゴミ出しにいく途中、道路の脇にもどくだみが生えていてびっくり。人間って、意識するといままで見えていなかったのもが見えてくるのって不思議ですね。

これならどくだみを採取して、お茶を作れそうです。まあ、少し汚いと

言われれば・・・。山などに行けば、綺麗なのはあると思いますが。

まずどくだみは既に手元にあるという前提で進めます。

どくだみを乾燥させます

次の様な手順で、生のどくだみを乾燥させます。

  • 採取したら、まず土付の野菜を洗うような感じできれいに洗ってください。
  • 次に何本かまとめて縛り、風通しの良い場所に陰干ししてください。
  • カラカラに乾燥したら、キッチンばさみで数センチくらいに切ります。
  • いますぐ使わないどくだみは、密閉容器にいれて、乾燥剤を入れたらフタをしてください。

これで、普通の日本茶のような葉が完成しました。

どくだみ茶を入れます

急須

いよいよ、どくだみ茶をいれましょう。

実は手順がいくつかあるので紹介したいと思います。

まずは、イメージとしては煎じるような作り方から。

ステンレス製の鍋に水を2L入れたら、60度くらいまで加熱したらカットしたどくだみを、30グラム程度、お鍋にいれます。温度は60~70度を保つようにしてください。

材料の確認

ステンレス製の鍋(銅や鉄製でなければOK)
どくだみ 乾燥してカットしたものを10g

60~70度で40分~1時間したら完成です。

湯飲みに入れたら完成です。残りは冷蔵庫に入れて数日程度は保管できます。

杜仲茶の入れ方を参考に

もう1つ、入れ方があります。杜仲茶の入れ方ですが、どくだみ茶でも同じです。

1分辺りから手順が異なります。

フライパンで軽く煎っていますね。

それを急須に入れています。

フライパンで加熱すると薬効成分が、いくらか無くなってしまうかもしれませんが、飲みやすくなると思いますが、味は・・・日本茶や紅茶と比較すると、やはり健康茶。どくだみの味が気になります。

ただし、大人になってからは漢方が効きそうな気持になるから不思議ですね。

ごぼう茶の作り方

どくだみ茶だけだと、味が独特なのでごぼう茶や烏龍茶などとブレンドすると飲みやすくなります。

ブレンドすると、マイルドな感じになるのが不思議です。

熊笹茶の作り方

熊笹茶も人気ですね!

実際にうちの母がチャレンジしていましたが、映像を取っていないのでこちらを参考にしてください。

ニキビの効果はある?

どくだみの花が咲く頃は、生薬名十薬とも言われ日本薬局方にもどくだみがあるのですが、ニキビの改善としては明記されていません。そもそもどくだみがニキビに良いかを、科学的に分析調査したことはないのでは?と思います。

ですから効果があるか、ないか証明されていないので、効くとも、効かないとも断定はできません。

精密に調べて行けば、薬効成分が見つかってニュースなどで取り上げられて、日本中からどくだみが消える日がくるかもしれませんが…。

口コミなどを調べていくと、どくだみ茶が効果があるという方もいらっやるのですが、ないという方もいました。

そこで、ふと気づいたのは、あの苦みのあるお茶を飲めるくらいですから、健康に注意して食生活もされていると思うので、そういうところもあって、効果がでてきた可能性もあります。

特定のお茶ばかり飲まず、いろいろ組み合わせると良いかも。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする