ニキビ跡を消す|おすすめコンシーラー

ニキビ跡を隠す

例えば久しぶりの同窓会。そんなとき気になるのがニキビ跡。治す時間はなさそうだけど、なんとか隠したい。

そういう時に女性にはコンシーラーがあるのが救いです。上手に活用すれば、ある程度のニキビ跡なら隠すことができます。

使う用途に合わせてコンシーラーを活用すると、クマなどの気になる所もカバーできて便利。それぞれのタイプに合わせてポイントを簡単に解説しています。

コンシーラーは欠かせないという方も多いと思います。そこでニキビ跡を消すおすすめコンシーラーを紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

コンシーラーの色や種類の選定と使い方

コンシーラー

コンシーラーはステックタイプとクリームタイプ、リキッドタイプがあります。それぞれ得意な分野(カバー領域)があります。

色はお肌の色よりも、少し沈んだものが塗ると目立ちにくいので選定します。あまりこってり付けずにさらっと塗り広げる感じにすると、つけた感がなく、あまり目立たちません。

薄メイク

薄くのばすのは、厚くするとニキビを増やす要因になるからです。ニキビには厚いメイクは避けたい。とくにシミなどはコンシーラー向き。

メイクは下地が大切なので、あせらずにていねいに。周りの肌に馴染ませれば、予想以上の仕上がりに。ナチュラルなイメージに整えればOK。

 ステックタイプはニキビ跡に

コンシーラーの中でもステックタイプは、ピンポイントなニキビ跡にぴったり。あまり広範囲のシミなどには適応できません。

NARS コンシーラースティックは、ニキビ跡やシミに薄く塗るだけで、かなりカバーできるので1本あると、いざと言うときに助かります。自然な色合いで人気。

クリームタイプは保湿重視

カバー力は劣りますが、肌の乾燥が気になる場合には、保湿効果が期待できるので、隠しつつ保湿もという方向け。

NARS ラディアントクリーミーコンシーラー などは伸びも良く人気です。クマなどに最適。

リキッドタイプはニキビ跡にはイマイチかも

カバー力は若干落ちます。ニキビ跡には不向き。クマなどを消すのに向いている。ただしメーカーによって差があります。

マキアージュ コンシーラーリキッドなどがこれに該当します。使う用途によって使い分けてください。

1つだけでなんとか無理して工夫するよりも、複数使いの方が楽に綺麗な仕上がりが期待できるからです。

ニキビ跡に向いているコンシーラー

手と青空

資生堂の『スポッツカバー ファウンデイション』は、カバー力が高くてニキビ跡にぴったり。

もちろんシミにもOK。評判も上々です。20gで1200円ほどで、発売は1980年からのロングセラーで、トラブルなども心配ないのでおすすめ。

イプサの『クリエイティブコンシーラー』もニキビ跡に、ピンポイントで使うと、あまり目立たず良いでしょう。3色で色ムラをカバーするライプなので、肌の色合いへの対応力が高いので選定しました。

ニキビ跡ならこちらもあります。>>置き換えるだけの簡単ニキビケア

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする