差が出る!ニキビ跡を治す方法とは?

ニキビ痕が気になる

ニキビでまず大事なことは、出来たニキビを触らないということ。

特に赤味を帯びた炎症を起こして、膿んだニキビを触るのは、わざわざニキビ跡を作るようなもの。

では、どのようにすれば治るのか? 跡は、なぜできるのか? 等について下記にまとめました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

ニキビ跡ができる原因と簡単なメカニズム

メカニズムといっても、そんなに難しいことではないので安心してください。

ニキビ菌(アクネ桿菌ともいう。誰の肌にも生息している常在菌の一種)という細菌が、毛穴の中で皮脂を食べて増殖していき、ある限界を超えると炎症を起こし始めます。特に空気が少ない閉じた環境を好みます。

こちらの図は、毛穴が角質層でふさがっているので、この中でニキビ菌が増殖しやすい環境といえます。

角質層が肥大

ニキビの炎症

ニキビの炎症というは、ニキビ菌をやっつてるために、細胞内で戦いが始まっている現象。ですから炎症自体は、ニキビをやっつけているので良い現象と言えるかもしれません。

baikin

しかしニキビ菌と戦って細胞が死滅したところが、広範囲になると上手く再生されなくなります。そこだけクレーター状になってしまいます。これは、ぜひ避けたいところ。これが女性の敵、ニキビ痕です。

小さな傷くらいの痕なら、細胞が上手く再生して元通りに治りやすいのですが、広く深いものほど、皮膚の再生力の限界を超えてしまい自然治癒が難しくなるので医療機関でないと治療ができなくなります。

破壊され再生されないままの凹んだ状態がニキビ跡。穴が開いたままの位置で細胞が定着してしまうと、レーザー治療や美容整形でしか治せなくなる、女性にはたいへん怖い皮膚病です。

しかし大抵は、防ぐことができます。

ニキビは触ると跡になる

肌荒れ

ニキビ跡を予防するには、あまりひどくならないうちに、ニキビケアをすることが先決です。もし炎症を起こしているなら、あまりその場所を触らないようにしましょう。

炎症を起こし膿んでいるのが気になって、爪やピンセットなどで潰してしまうと、その場所にあった細胞が変形してしまい、元の位置が分からなり、上手く元の場所を修復できなくなるからです。
ニキビ痕

どうすれば良い?

まず炎症を起こしている場合は、その炎症を抑えるためにビタミンCや炎症を抑える薬などを使います。皮膚科で処方してもらえるので活用しましょう。

ニキビ用にビタミンC誘導体を配合した化粧品も、ニキビの改善に活用されているので、個人差はあるものの試す価値は十分にあります。

出来てしまったニキビ跡は、組織が破壊された周辺の細胞を早く復活させて、活発に細胞分裂させる必要があります。そのためには、肌の新陳代謝を活発にするのが早い。(限界を超えた深く大きなニキビ痕に関しては、レーザー治療や美容整形などの分野になります。)

ニキビの痕に専用の化粧水もあり、こちらもおすすめします。

ニキビ痕の専用化粧水について

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする