ニキビ跡の赤みを治すには『へちま水(化粧水)』が最適?

化粧水を塗る女性

「ニキビの赤みを早く消したい。」「治したい。」
そんな時は、へちま水の化粧水が良いという噂を聞きつけました。

そもそも化粧水って、どんなものを使われていますか?

肌が乾燥しているのに、必要以上に皮脂を落とし過ぎていると、赤味を帯びたニキビが治りにくくなる結果になります。しかし洗顔は欠かせません。そこで保湿にあの化粧水を使うわけです。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

肌の乾燥で角質が厚くなる

乾燥でニキビができるメカニズム

毛穴は皮脂が貯まっているのに、少し離れた部分は皮脂が少なく肌が乾燥してしまいます。すると皮膚の細胞が乾燥を防せごうと、皮膚の表面の角質と呼ばれる部分を厚くします。

これが非常にやっかいです。毛穴が角質で狭くなると、皮脂が排出されずらくなりニキビができやすくなります。

角質層が肥大

乾燥でニキビ

乾燥した大地

つまり肌を乾燥させるとニキビができやすくなり、結果的にニキビ菌が毛穴の中で増殖し、さらに進行が進むと炎症を起こし、ニキビ跡や赤味が続く結果になります。

しかし洗顔は必須ですので、やらないわけにはいきませんから、洗顔後の乾燥を防ぐ必要があります。そこで乾燥した肌に潤いを与えるために、化粧水で水分を補ないます。

ただし、どんな化粧水でも良いわけではありません。潤いを一時的に与えるだけなら、肌を水で濡らせばすむはなし。しかし肌に水を塗らしても、一時的に表面だけが濡れているに過ぎません。

蒸発する際に、肌を乾燥させてしまうから水で濡らすだけでは意味がありませんね。

シャワー

またただの水をつけても、肌の少し奥にある乾燥している肌細胞には、その水がほとんど供給されません。浸透しにくいのです。

浸透しにくいのには理由があります。もしお風呂に入って、お風呂の水がどんどん体内に入り込んだら、お風呂から出てきたら体がお湯で水ぶくれして『ぶよぶよ』になって、大変なことになるはずです。そうならない仕組みが備わっています。

つまりその仕組みをすり抜けて、肌の下の細胞に水分を送るためには、普通の水ではだめで特別な水が必要です。それが化粧水の役割です。

もっとも、肌にうるおいを与える化粧水にも性能差があります。

選ぶ基準

ポイントを解説

そこで選ぶ基準として、2つのポイントがあります。

  • 浸透のしやすさ。
  • 潤いの得られやすいもの。

この2点を基準にして選ぶ必要があります。特にニキビ跡などの赤味のある肌に良いのが、ある化粧水です。

潤い + 美容成分

この2つを備えていることが大切です。ですので自作の化粧水はあまりおすすめできないです。上手く活用すると、乾燥肌でごわごわしていたお肌が、ぷるぷる赤ちゃん肌になるわけです。

この肌の細胞への浸透力がポイントです。

おすすめの化粧水や潤いを得られる仕組みなど、詳しいことはこちらのニキビケア化粧水を参考にしてください。

ヘチマが化粧水に?

小学校の理科の授業で、ヘチマの栽培を習った記憶があります。大きくて立派なヘチマに感動したのを、いまも覚えています。

あの頃に先生から、茎を切るとお化粧するのに、とっても良い液が出てくるといって教えられました。実際にハサミかカッターで切って、試験管か三角フラスコに液体を貯めたのを覚えています。

いまにして思えば、それがへちま水といわれるものでした。

いまは無農薬で育てたヘチマから、同様にして弱酸性の化粧水を製造販売しているメーカーもあります。サポニンやペクチンという日焼けや、潤いを与える成分が含まれているので、使っている方もいらっやるようです。自然の恵みはすごいですね。

私の場合は朝の忙しいときに、化粧水と美容液が1セットになったオールインワンタイプの化粧水を使っています。

参考 こどもにも使える肌にやさしいオールインワンの化粧水

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする