亜鉛が不足するとニキビが悪化するってホント?老化も進む怖い成分

「亜鉛ってご存知ですか?」

学校の化学で習ってはいますが、それはZnという記号だけで、体にどのような働きをするのかまでは、学校で教えてくれませんよね。勉強していても私は忘れちゃてますが^^;

亜鉛が不足すると、ニキビが悪化する恐れがあるだけではなく、肌の老化も進むので、欠かすことのできない栄養素なのです!

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

亜鉛が不足するとニキビが悪化

亜鉛

亜鉛は体の中で200種類以上もの酵素と密接に関わりを持っていて、体中に亜鉛が適材適所に分布している欠かすことのできな成分。

学校でも元素記号で習った亜鉛ですが、美容系ではかなり熱いワードの1つ。この成分(元素)個次のような2つの点で働きをしてくれます。(美容に関連するものに絞っています。)

  • 酵素の働きを活発にする。
  • 細胞分裂を活発にするので代謝が高まり、肌の再生サイクルのターンオーバーが促進される。

ニキビ顔

簡単にいうと、不足すると早く老けます。

細かな働きは他にもたくさんあり、また不足するとマイナス要素もありますが、学術的なものは割愛して、ニキビや肌にどのように関連しているか、「対処法はあるのか?」をまとめています。 

亜鉛が不足するとどうなるの?

  • ニキビの治りが悪くなる。これが一番の問題です。
  • 精神面で安定する。

亜鉛が不足すると、細胞の生まれ変わる速度が低下します。

saibou-saisei

「細胞が産まれ変わる速度が遅くなると、どうなるのか?」

例えば料理をしていて包丁で指を切っても、なかなか治らない。傷ついた肌の修復が遅くなります。

もし、思い当たるところがあれば不足している可能性があります。エイジングケアの点からも、マイナス要素が多そう。ぜひ不足のないようにしてください。

心が病むきっかけになる

ニキビはストレスで悪化する傾向にあるので、精神面で安定する特性があるのは見逃せません。心の病と捕らわれがちですが、実は亜鉛というミネラルの不足で心が病むきっかけにもなっています。ぜひ上手に摂りましょう。

そこでまずは、亜鉛が不足しないように多く含む食材を食べましょう。

亜鉛を多く含む食材

豆腐

 牡蠣  ゴマ  抹茶
 たらこ  シジミ  チーズ
 大豆・きな粉  豆腐  うなぎ
 レバー(豚・牛・鶏)  牛肉  卵

 うなぎなど、栄養価も高い食材がありますが、さすがに毎日食べるのは難しそうです。

毎日食べるとなると、やはり冷や奴や卵などがメインの食材に。冬であれば湯豆腐なども美味しいですね。


毎日食べないと意味がない

一度にたくさん食べても、脂肪のように体に貯めておけませんので効果は限定的。毎日、亜鉛が多い食材を1品追加できれば、かなり効果的でしょう。

豆には亜鉛が豊富に含まれていて、タンパク質も多く摂れるのでダイエットにも最高の食材ですが、亜鉛を吸収しにくく、お肉や魚類など動物性のタンパク質と一緒に食べるのが良いようです。


子供たちも喜ぶ

毎日、冷や奴や湯豆腐では飽きますが、挽肉とお豆腐を混ぜて、豆腐ハンバーグにすれば喜ばれます。豆腐の比率を変えて、お子さんが食べやすいレシピを見つけてみるのも楽しみの1つ。しかもヘルシーダイエットにもぴったり!

我が家では1:1で食べていますが、たまに変えたりします。お好みにて。たんぱく質の補給にも最高。

 たくさん食べ過ぎると副作用なのですが・・・

亜鉛が不足しているからと、急にサプリメントを大量に飲むと副作用が怖い。これは何も亜鉛に限らず、どんな成分にも言えることです。

所定の量を超えて摂取し過ぎると、下痢や腹痛などになる恐れもありますが、通常の食事をしている分には、それほど心配することはありません。そんなに食べられないですしね。

 サプリは容量・用法は守ってくださいね。できれば食材を食べて毎日、自然に取り入れて、不足分を補いましょう。

亜鉛でバストアップ効果?

実は亜鉛にはバストアップ効果があることで知られています。

胸の大きさは女性ホルモンの分泌が活発になると、サイズが大きくなると考えられています。その女性ホルモンの分泌を活発にする作用が亜鉛にはあると知られています。

逆に言えば亜鉛が不足すると、ホルモンが減少してしまい胸が小さくなるかもしれません。他の要素もありますが、もし何をしても胸が大きくならない方は亜鉛不足を疑ってみては?

このようにニキビの改善だけではなく、女性にとっては欠かせないミネラル成分であることがわかります。ぜひ、不足しないように摂りたいものですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする