ニキビ予防に最適!あぶらとり紙の上手な使い方のコツ

あぶらとり紙のコツ

「あぶらとり紙の使い方、間違っていませんか?」

使い方を間違えると、ニキビ予防どころか悪化します。知らなかったでは、後で後悔することになります。

私が初めて使おうと思ったのは働き初めて2年を過ぎたころ。会社の飲み会の翌日のこと。前日の夜、飲み過ぎて朝起きたら、顔がベトベト。

「なに、これ・・・」

これまで経験したことがないオイリー肌に。こんなとき、あぶらとり紙は有効だと先輩から聞きました。

それ以来、洗顔ができないような外出先で使えるので、手放せなくなりました。まだ使ったことがない方は、一度試してみてください。

最近は性能がさらに良くなり、浮かせてきれいに皮脂をとってくれるので、手放せない人も増えてきたと思います。ただし使う際には、ちょっと注意が必要。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

あぶらとり紙の注意点 ニキビを増やす!?

あぶらとり紙は、万能ではない。

使い方によってはニキビを増やすので気をつけましょう。

というのもテカテカになるのはダメですが、多少の脂は必要です。皮脂の役割は、皮膚の乾燥防ぐ事です。

いくら顔がテカったと感じても、あまり頻繁にとっていると、肌がカサカサになってしまい乾燥肌になります。→ これ、私のことです...。

皮脂を取りすぎると乾燥していくので、『さらに多くの皮脂を出さなきゃ』って、体が反応してオイリー肌になります。だからまた、あぶらとり紙で取る繰り返しになります。

困った悩み

この悪循環だけは絶ちきらないと、いつまでも脂性の肌から抜け出られません。

しかもある一定以上とりすぎると、今度は皮脂の分泌が低下して、乾燥肌がすすむことにななります。乾燥するとニキビが出来やすくなるので、皮脂を除去するのもほどほどに。

「じゃあ、どうすれば?」

こんな悪い循環になったときは、乾燥肌を防ぐために皮脂を除去したら、すぐに保湿をすれば解決できます。

私は忙しいときは、あるアイテムを活用します。>> 洗顔と保湿を同時にできるアイテム

それ以外には食事を少し変えて、体の中から潤いを増やす方法もあります。>>【永久保存版】肌を強くする5つの方法

私はこの両方を活用しているためか、かなり良好になりました。

あぶらとり紙を上手く使う保湿のコツ

チェック

あぶらとり紙を使ったら、乾燥しないうちに、コットンに化粧水を染み込ませたものを、あらかじめ用意しておいて、肌に当ててしばらく置くと、潤いが復活するのでためしてください。

さらに美容液を、コットンに染みこませたもので抑えれば完璧です。これなら皮脂の摂りすぎを防ぐことができます。

Tゾーンなどの気になるところだけにして、あまり皮脂を除去し過ぎないように。

くれぐれもテカテカしているピンポイントで上手く活用しましょう。2回以上使いたいときは、テッシュでやさしくタッチして代用。

化粧水と美容液を2つも使うのは面倒な場合は、1回でできるこちらが楽で便利。

洗顔料と化粧水・美容液が1つになったアイテム

あぶらとり紙を切らした時の応急処置

あぶらとり紙が無くなってしまった場合は、感熱紙タイプのレシートのツルツルな面が、あぶらとり紙として利用できます。いまは、レシートくらいしか見かけなくなりましたが・・・。

あくまでも緊急用なのですが、思った以上にテカテカが取れたという方も。簡単にできるので、効果を試してください。

FAXの感熱紙も同様に使えると思いますが、顔に黒い色が付かないか確認してから使用しましょうね。脂が取れても炭みたいについたら、周りから白い目で見られてしまいますから^^;

まとめ

matome

乾燥を防ぐ方法を使わない場合は、あぶらとり紙は1日1回が限度。

いくら脂性だとはいえ、あぶらとり紙で取りすぎるのは良くないです。洗顔の時も同じことが言えます。⇒ 水洗顔のポイント

あまり油っこい食事は避け、夜も遅くまで起きていないで、せめて11時頃には寝たいものです。それらと合わせて、あぶらとり紙と使うコツ、試してみてください。

こちらも多くの方に読まれています。

毛穴の開きを直す!最短の方法ガイド

ニキビ用 乳液の選び方

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする